借金・債務整理に強い調布の女性弁護士|仙川総合法律事務所
電話番号の画像 お問合せの画像
03-5656-6380
お問合せの画像

ギャンブルによる借金

1 ギャンブルによる借金

 パチンコやスロット、競馬などのギャンブルによって借金をしてしまい、気が付いたら多額の残高で返しきれなくなっていたという方は少なくありません。

 多くの場合、パチンコやスロット、競馬などで一度に多額のお金を使うわけではなく、少額のお金を複数回に分けて日常的に使っているため、それほど大きな危機感を持たないまま、ギャンブルと借金を続けてしまうようです。

 しかしながら、貸金業者や銀行のカードローンなどの借入は、利息が高く、しかも気軽に借りられてしまうため、少額の取引を繰り返しているうちに元金が膨れ上がり、毎月の返済を続けていても利息しか返せておらず、元金が一向に減らないという事態が起こりやすいのです。

2 ギャンブルによる借金の整理方法

(1)任意整理

 弁護士が代理人となって借入先と交渉を行い、その後の利息をカットしたうえで、月々無理のない返済方法を合意する整理方法です。

 あくまで返済していく方法ですので、残高が高額で返済が現実的でない場合には難しいです。

(2)自己破産

 返済が現実的に難しい場合、裁判所の許可を得て、負債の返済をしなくてよい状態(「免責」と言います。)にしてもらう手続きです。

 ただ、ギャンブルによる借り入れは、免責が不許可とされる事由として破産法252条1項に定められています。

 しかしながら、ギャンブルで作った借金の額やギャンブルの頻度、反省の程度、その後の生活再建の可能性などを総合的に考慮し、免責が許可されるケースも多くあります。

(3)民事再生

 住宅ローンがあり自宅を手放したくない場合に、裁判所の許可と債権者の同意を得て負債の額を減額してもらい、返済をしていく方法です。

3 まずはご相談を

 ギャンブルによる借金であっても、上記のような方法で整理を行い、経済的に生活を再建していくことができる可能性は十分にあります。

 とにかく早いご相談をお勧めします。