借金・債務整理に強い調布の女性弁護士|仙川総合法律事務所
電話番号の画像 お問合せの画像
03-5656-6380
お問合せの画像

リボ払いと分割払いの違い

1 リボ払いと分割払いの違い

 リボ払い(リボルビング払い)と分割払いは、利用した金額を月々に分けて支払う方法という点で共通していますが、支払方法や手数料の点で異なっています。

【リボ払い】

 リボ払いは、利用金額や件数に関わらず、毎月一定の金額を支払う方法です。

 手数料については、毎月の利用残高に対して、クレジットカード会社所定の割合で支払うことになります。

【分割払い】

 分割払いとは、クレジットカードの利用の都度、支払回数を決めて支払っていく方法です。

 手数料は、利用した元金に対して、クレジットカード会社所定の割合で支払うことになります。

2 リボ払いのリスク

 このように、リボ払いは、利用金額や件数に関わらず月々の返済額が一定のため、支払の負担感が少なく、気が付いたら残高が増えていきやすいリスクがあります。そして、手数料は残高に対してかかるため、残高が増えると手数料も増え、毎月の支払額の内の多くが手数料にあてられ、元金はあまり減らない状態に陥りやすいと言えます。

 半面、クレジットカード会社にとっては、一括払いの場合は利用者から手数料は取らないのに対し、リボ払いの場合は利用者から毎月手数料を取れますので、大きな利益を生み出す方法です。そのため、支払方法をリボ払いに変更することでポイントを付与する特典を付けたり、様々なキャンペーンを行ってリボ払いを勧誘します。

 たしかにリボ払いは月々の支払額を管理しやすいというメリットはありますが、決して安くない手数料を支払う必要があること、一度利用するとずるずると残高が増えて行ってしまうリスクが高いことを十分に理解したうえで、慎重に利用しましょう。