借金・債務整理に強い調布の女性弁護士|仙川総合法律事務所
電話番号の画像 お問合せの画像
03-5656-6380
お問合せの画像

個人間融資のリスク

1 個人間融資の実態

 近年、SNSやインターネット上の掲示板で、「個人間融資」と称してお金の貸し借りをするケースが増えています。

 個人間融資とは、金融機関や貸金業者を介さずに個人間で金銭の貸し借りをするものです。SNSやインターネット上の掲示板で、「即日融資」とか「ブラックOK」などと書かれ、便利な方法と思えるかもしれません。

 しかし、その実態は、個人を装ったヤミ金業者の温床と言われており、金融庁でも注意喚起がなされています。

2 個人間融資の危険性

(1)法外な金利を要求される

 上記のとおり、個人間融資の多くは闇金業者であり、貸金業法で規制された以上の高額な利息を要求することが多くあります。

 そして、要求通りの支払いをしないと、自宅や勤務先に押しかけてくるなど、強硬な取り立てを行うことも珍しくありません。

(2)そもそも融資がなされず個人情報だけ取られてしまう

 個人間融資の申し込みをすると、まずは、氏名や住所、勤務先などの個人情報を求められます。

 そして、これらの情報を言われた通り伝えたにも関わらず、その後音信不通になって融資がなされないケースもあるようです。

 その後は、個人情報を売買されて悪用される可能性もあります。

(3)わいせつ目的

 返済や利息などの名目で、性行為を要求されたり、裸の画像を送るよう要求されることもあります。

 「ひととき融資」などと言って、最初から性的行為を前提とする融資もあります。

 このようなやり方は往々にしてエスカレートし、要求に従わないと裸の画像をインターネットで拡散するなどと脅してくるケースもあるようです。

3 個人間融資に安易に手を出さないで

 個人間融資に頼ってしまう方は、既に貸金業者からの借入は限度枠いっぱいに使ってしまっていたり、ブラックリストに載っているため通常の借入ができないような方が多くいます。

 お金に困っている状況は人それぞれの事情があるかと思いますが、安易に個人間融資に頼ると、余計に状況が悪化してしまいかねません。

 借入の返済に困っている場合は、さらに借入をするのではなく、弁護士に相談することをお勧めします。きっと、生活をたて直すことができます。