借金・債務整理に強い調布の女性弁護士|仙川総合法律事務所
電話番号の画像 お問合せの画像
03-5656-6380
お問合せの画像

借金の一本化(おまとめローン)のメリット・デメリット

1 借金の一本化(おまとめローン)とは

 貸金業者から借入をしていると、おまとめローンなどの名称で、借金を一本化することを提案されたことがある方は少なくないのではないでしょうか

 借金の一本化(おまとめローン)とは、複数の貸金業者からの借入がある場合に、借入総額(あるいはそれ以上の額)を一つの貸金業者から借り、それを既存の借入の返済に充てて、借入先を一つにまとめることを言います。

2 借金の一本化(おまとめローン)のメリット

 借金を一本化する一番のメリットは、借入先が一つになることで返済の管理がしやすくなることです。複数の業者から借り入れていると、返済日や返済金額がそれぞれ異なり、これらにきちんと対応するだけでも相当な手間と神経を使いますが、一本化することによってそのような不便が解消されます。

 また、業者によっては、金利が若干安くなったり、それに伴い月々の返済額が少なくなったりするメリットもあります。

3 借金の一本化(おまとめローン)のデメリット

 上記のとおり、借金の一本化(おまとめローン)は、金利が安くなるケースもありますが、実際には、ほとんど変わらないケースも少なくありません。

 また、金利がわずかに安くなっても、月々の返済額を減らして返済期間を長くする分、支払総額は増えてしまうこともあります。

 さらに、借金の一本化(おまとめローン)では、保証人や不動産担保を要求されることも多く、万が一最終的に支払不能になってしまった場合に、第三者を巻き込んでしまったり、自宅を手放すことになってしまうなど、より深刻な事態を招いてしまう結果となりかねません。

4 さいごに

 以上のとおり、借金の一本化(おまとめローン)にはメリットもありますが、長期的に考えるとデメリットを生じる場合も少なくありません。

 目先の返済を楽にするだけでなく、将来の生活設計も踏まえ、慎重に判断しましょう。