借金・債務整理に強い調布の女性弁護士|仙川総合法律事務所
電話番号の画像 お問合せの画像
03-5656-6380
お問合せの画像

債務整理と住宅ローン

1 はじめに

 消費者金融などからの借金が重なり返済に困っている状況で住宅ローンもある場合、自宅は手放さずに債務整理をすることが可能か、債務整理の種類に分けて解説します。

2 任意整理の場合

 任意整理は、対象とする業者を任意に選択して整理をする方法です。

 そのため、住宅ローンについては対象とせず、他の借入についてのみ整理を行うことで、住宅ローンはそのまま、自宅を手放すことなく債務整理をすることが可能です。

3 自己破産の場合

 自己破産は、全ての負債について整理を行う手続きですので、住宅ローンを対象から外すということはできません。

 そのため、住宅ローンについても今後の返済をしないこととなり、自宅も処分することになります。

4 民事再生(個人再生)の場合

 個人再生とは、裁判所に申立てを行い、債務を一定程度減額してもらったうえで返済を行っていくための手続きです。

 裁判所を介さない任意整理では、分割弁済の場合には債務の減額に応じる貸金業者はほとんどいません。しかし、個人再生の場合には裁判所を介して借金を減らすことができるというのが大きなメリットです。

 また、自己破産の場合には、借金は返す必要がなくなりますが、自宅が持ち家の場合には処分しなければなりません。個人再生の場合には、一定の条件を満たせば、自宅を所有したまま再生手続を取ることが可能です。

5 まとめ

 以上のとおり、自宅を所有している場合、債務整理の方法としていずれを選択するかによって、整理できる負債の対象や自宅を処分する必要があるかどうかなどが異なってきます。

 当事務所では、自宅を所有している方の債務整理についても多数の取り扱い実績がありますので、それぞれの方の借入状況や収入、ご本人のご希望などを伺ったうえで、最も良いと考えられる債務整理の方法をご提案いたします。