借金・債務整理に強い調布の女性弁護士|仙川総合法律事務所
電話番号の画像 お問合せの画像
03-5656-6380
お問合せの画像

株やFXによる借金と債務整理

1 株やFXで借金ができてしまう理由

 株式やFXの取引を手元にある現金で行っている場合には、それが直接の原因で借金を作るということはありません。

 しかし、株式やFXの取引では、信用取引を行うことが可能です。信用取引では、保証金を証券会社に預けることで、保証金を超える金額の取引をすることができ、これをレバレッジと呼びます。この信用取引を行っている場合、たとえば相場の変動により差損が出ると、証券会社に対して追証(おいしょう)などの負債を支払う必要があります。そして、追証を支払うための現金が手元にない場合、消費者金融や銀行から借入をすることになり、借金となってしまうのです。

 昨今では、スマホの普及によって投資のハードルが下がり、一般の方が投資に挑戦することが増え、なかには大きな借金を作る原因になってしまうこともあります。

2 株やFXによる借金でも、債務整理は可能

 株やFXによって借金が膨らんでしまい、返済できない状態になってしまった場合、債務整理を行うことが可能です。

 債務整理には、任意整理、自己破産、民事再生の手続きがありますが、いずれの手続きを取ることもできます。ただ、自己破産に関しては、免責不許可事由について注意が必要です。

3 株やFXの取引と免責不許可事由

 株やFXの取引が不適切な投資と捉えられる場合、破産法上、免責不許可事由にあたります。

 破産手続きでは、免責許可決定を得ることによって、債務の返済をしないでよい状態になるのですが、この免責が原則として認められない事由に該当するのです。

 とはいえ、投資金額が余りに過大でなく、今後は不適切な投資をしないことを誓約するなどによって、例外的に免責が認められる「裁量免責」となるケースが実際には多くあります。

 ご自身の場合に、破産をして免責を得ることが可能かどうか、まずは弁護士に相談することをお勧めします。