借金・債務整理に強い調布の女性弁護士|仙川総合法律事務所
電話番号の画像 お問合せの画像
03-5656-6380
お問合せの画像

法律事務所から督促状や警告書が届いた場合

1 借金の滞納について、法律事務所から書面が届く場合

 借金の返済ができず滞納状態でいると、法律事務所から、返済を求める書面が届くことがあります。

 法律事務所とは、弁護士の開設する事務所です。

 書面の表題は、「警告書」「督促状」「通知書」など様々ですが、意味するところは同じです。

 弁護士は、債権者の代理人となることができますので、債権者や債権回収会社から依頼をされて、返済を督促することができるのです。

2 法律事務所から通知が届いた場合の対応

(1)時効の確認

 いきなり弁護士から通知が届くと驚いてしまう方がほとんどかと思いますが、まずは落ち着いて時効の確認をしましょう。

 最終返済日から5年が経過していると、消滅時効が完成している可能性が高いです。その場合、時効の「援用」をすることで債務をなくすことができます。

(2)法律事務所に連絡して返済の相談をする

 書面では一括での返済を求めているような場合でも、きちんと連絡をして分割での返済方法を提案すれば、これに応じてもらえることが少なくありません。

 分割で返済していくことが可能な場合には、速やかに連絡をして話合いをしましょう。

(3)返済できない場合は自分も弁護士に相談する

 どうしても返済できない場合、自分も弁護士に相談をして債務整理の相談をしましょう。このとき相談する弁護士は、当然のことながら通知書を送ってきた法律事務所とは異なる事務所の弁護士に相談する必要があります。

 弁護士に正式に依頼をすると、通知書を送ってきた法律事務所に対する対応も含めて、弁護士が対応してくれます。

3 放置すると裁判を起こされたり差し押さえのリスクがある

 法律事務所から届いた書面をそのまま放置してしまうと、裁判を起こされたり、差し押さえを受けるリスクがあります。差し押さえの対象は、給与、預貯金、車両、不動産、保険で解約返戻金のあるものなどです。