借金・債務整理に強い調布の女性弁護士|仙川総合法律事務所
電話番号の画像 お問合せの画像
03-5656-6380
お問合せの画像

特定調停について

1 特定調停とは

 債務整理の方法の一つに、特定調停という手続きがあります。

 特定調停とは、債務の返済ができなくなるおそれのある債務者(特定債務者)の経済的再生を図るため、特定債務者が負っている金銭債務に係る利害関係の調整を行うことを目的とする手続きです。

 特定調停は、簡易裁判所で行われます。

2 特定調停の流れ

 特定調停の手続きでは、通常はまず申立てをした債務者から調停委員が、生活状況や収入、今後の返済方法などの事情を聴きとります。

 その後、債権者側と調停委員が話をし、借入の全容を把握します。

 そのうえで、今後の返済計画案を考え、債権者と合意することを目指して協議します。

3 特定調停のメリット・デメリット

 特定調停の主なメリット・デメリットは以下のとおりです。

<メリット>

・それまでの金利によっては借金が減額できる場合がある

・実行可能な返済計画を立てることができる

・費用が比較的低額で済む

<デメリット>

・他の債務整理と同様、信用情報(ブラックリスト)に載る

・不要な出費をとことん切り詰めなければならない

・調停で合意した通りの返済ができなくなった場合、ただちに強制執行を受ける可能性がある

・何度か裁判所に出頭しなければならない

4 まとめ

 債務整理の方法として特定調停が適しているかどうかは、その方の借入額や収入、生活状況などによって異なります。

 まずは弁護士にご相談いただき、債務整理としてどの手続きが最も適しているか判断をしてもらうことをお勧めします。