借金・債務整理に強い調布の女性弁護士|仙川総合法律事務所
電話番号の画像 お問合せの画像
03-5656-6380
お問合せの画像

税金滞納と自己破産

調布市で税金滞納でお困りの方へ

1 税金は免責されない

 固定資産税や住民税、国民健康保険料などを滞納してしまい、支払いが困難な場合、自己破産をすることで支払いを免れることができるでしょうか。

 残念ながら、税金については、非免責債権とされており、支払いを免れることができません。つまり、通常の借金などであれば、破産申立てをして免責許可決定を得ることにより支払いを免れることができますが、税金については、この免責の対象外とされているのです。

2 分割払いの相談を

 それでは、税金の滞納についてはどのように対応すべきでしょうか。そのまま放置してしまうと、不動産や給与、年金などが差し押さえられてしまうことがありますので、放置することは避けましょう。給与が差し押さえられると、裁判所から勤務先に差押通知が届くことになってしまいます。

 滞納した税金を一括で支払うことができない場合は、分割払いの相談をします。ご自身の経済状況を率直に伝え、可能な範囲での分割払いを提案することで、分割払いに応じてくれるケースも少なくありません。滞納期間が長くなる前に、早めに相談に行くことが大切です。

3 他にも借金がある場合には債務整理の検討を

 税金以外にも借入があって返済に困っている場合は、任意整理や自己破産などの債務整理を検討しましょう。

 これにより、税金以外の借金を減額・免責することができ、その分、滞納した税金の支払いに充てることが出来る状態になります。従って、税金自体は免責されなくとも、税金の滞納を解消するための有効な手段と言えます。