借金・債務整理に強い調布の女性弁護士|仙川総合法律事務所
電話番号の画像 お問合せの画像
03-5656-6380
お問合せの画像

自己破産とアパートなどの賃貸について

1 現在借りて住んでいる賃貸マンションや賃貸アパートに住み続けられるか

(1)自己破産をしても追い出されることはありません

 現在の自宅が、賃貸マンションや賃貸アパートの場合、自己破産をすると解約されてしまうのではないかと心配なさる方がいらっしゃいますが、そのような心配はありません。

 自己破産をしても、賃料の滞納が無い限り、そもそも賃貸人(大家さん)に自己破産の事実を知られること自体が通常はありませんし、仮に知られたとしても、それ自体で解約をされることは法的にありません。

 ただし、ごく例外的に、収入に見合わない高額な賃料の物件に住んでいる場合には、破産管財人によって解約されることがありますが、極めて稀なケースです。

(2)賃料を滞納している場合は解約事由になります

 賃料を滞納している場合は、自己破産をしてもしなくても、賃貸借契約の解除事由になります。

 従って、この場合は、住んでいる賃貸マンションや賃貸アパートから退去しなければなりません。

 もっとも、滞納額がごくわずかであるような場合、解除せずにそのまま契約を継続してくれる場合もあります。

2 新しくマンションやアパートを借りることができるか

 自己破産をしても、その後新しくマンションやアパートを借りられなくなるということは基本的にありません。賃貸借契約の際に貸主側が行う審査では信用情報を参考にすることはないためです。

 ただし、契約時に保証会社を利用する場合には、保証会社の審査にあたって信用情報を参考にするため、審査に通らない場合もありますので注意が必要です。ただこの場合も、保証会社ではなく連帯保証人をつけることで貸主に了承してもらえれば、借りることができます。