借金・債務整理に強い調布の女性弁護士|仙川総合法律事務所
電話番号の画像 お問合せの画像
03-5656-6380
お問合せの画像

自己破産とボーナス

1 自己破産をする場合のボーナスの取り扱い

 会社員の方で、ボーナスが支給される予定がある場合は、自己破産をするにあたってボーナスがどのように取り扱われるのか、没収されてしまうのか、気にかかる点かと思います。

 今回は、自己破産とボーナスの取り扱いについて解説します。

2 ボーナスの支給と破産申立てのタイミングによって扱いが異なる

① ボーナス支給後に破産申立てをする場合

 ボーナスが支給され、まだそれが手元に残っているうちに破産申立てをする場合、裁判所の基準額を超える場合(基準額は裁判所によって異なります。)は全額が破産財団となりますので、手元に残すことはできません。

② ボーナス支給前に破産申立てをする場合

 まだボーナスが支給される前に破産申立てを行い、裁判所から破産開始決定が出された場合は、その後に支給されたボーナスは破産財団とはなりませんので、そのまま自由に使うことができます。

3 破産申立て前にボーナスが支給されてしまう場合に有効に利用する方法

 上記のとおり、破産申立て前にボーナスが支給されてしまうと、その金額によっては、原則として手元に残すことはできなくなってしまいます。

 ただ、このボーナスを、単に破産手続きのなかで組み込まれてしまうのではなく、有効に活用する方法もあります。

 まずは、これを破産申立ての手続費用と弁護士費用に充てる方法です。破産をするにあたって必要になる費用ですから、優先的にこれに充ててしまえば、その後の生活再建のために非常に有益です。

 また、ボーナスの支給から破産申立てまでに一定の期間を要する場合に、生活費として適切な額を使うのであれば、問題となりません。ただし、生活に不要なものにまで使ってしまうと、破産手続きのなかで問題になってしまいますので、具体的な額や使途についてはあらかじめ弁護士に相談したほうがよいでしょう。