借金・債務整理に強い調布の女性弁護士|仙川総合法律事務所
電話番号の画像 お問合せの画像
03-5656-6380
お問合せの画像

自己破産と自動車の取り扱い

1 自動車ローンが残っている場合

 自己破産の申立てをする際に、自動車を所有している場合、その自動車を使用し続けることは可能でしょうか。

 まず、その自動車をローンで購入していてまだその返済が終わっていない場合、ローン会社との契約により、完済するまでの間はその自動車の所有権がローン会社に留保されていることが一般です。従って、自己破産にあたり返済をストップした時点で、ローン会社が自動車を引き揚げることになります。

 なお、保証人がついている場合、自動車を引き揚げても残債が残る場合には、保証人に請求がいくことになります。

2 ローンを利用していない場合/完済している場合

 自動車の購入にあたってローンを利用せず一括払いをしていた場合、あるいは自動車ローンを組んでいたけれども既に完済している場合は、その自動車の現在の価値がどの程度かによります。

 東京地方裁判所での破産事件の場合、自動車の処分見込額が20万円以下の場合には、処分せずに保有し続けることが可能です。

 反対に、処分見込額が20万円を超える場合には、処分をすることが必要になります。

3 自動車の名義変更をすることで利用継続が可能か

 上記のとおり、処分見込額が20万円を超える自動車の場合は処分をすることになりますが、破産申立の前に名義変更をすることで実質的に処分を免れることが可能か、ご質問を受けることがあります。

 しかしながら、このような潜脱的な行為は、財産隠しとみなされて破産手続きのなかで問題になってしまう可能性がありますので、適切ではありません。

 ただし、適正な評価額で売却をするような場合には問題とならないこともありますので、具体的には弁護士にご相談ください。