借金・債務整理に強い調布の女性弁護士|仙川総合法律事務所
電話番号の画像 お問合せの画像
03-5656-6380
お問合せの画像

自己破産と銀行口座について

1 自己破産で口座が凍結されるのか

 自己破産を行った場合に、利用している銀行口座が全て凍結されてしまうのではないかと心配される方がいらっしゃいます。

 口座の凍結とは、口座から預金を引き出せなくなることを言います。

 実際には、債務整理を行った場合に、銀行口座が凍結される場合と、凍結されない場合がありますので、それぞれについて説明します。

2 銀行口座が凍結される場合

 破産手続きを取る際に、必ず銀行口座が凍結されるということにはなりません。

 凍結されるのは、その銀行に借入がある場合だけです。

 例えば、A銀行に口座を持っていて、同時に、A銀行からキャッシングや融資など、借入がある場合には、弁護士からA銀行に受任通知を発送し受理された時点で口座は凍結されます。

3 口座の凍結が予想される場合に注意すべきこと

 銀行口座が凍結されると、預金の出金だけでなく、入金も制限されることがあります。

 そのため、例えば給与がその口座に振り込まれることになっている場合には、振込口座を変更しておかなければなりません。

 振込口座の変更には一定の時間を要することが通常ですので、破産手続きを取ることが決まったらすぐに変更手続きを行いましょう。

4 新しい口座の開設は可能

 破産手続きを取っている最中や、手続きが終わった後でも、新しい口座を開設することは可能です。

 また、破産手続きによって凍結された口座も、手続きが終われば凍結が解除されます。