借金・債務整理に強い調布の女性弁護士|仙川総合法律事務所
電話番号の画像 お問合せの画像
03-5656-6380
お問合せの画像

裁判所から訴状が届いた場合

1 借金の滞納を続けると裁判を起こされるリスクがある

 借金の返済が滞ってしまっている場合でも、すぐに業者が裁判を起こしてくることはあまりありません。

 しかし、返済を全くしない状態が長期間続くと、裁判を起こされることがあります。貸金業者にとって、返済しない状態を放置してしまうと時効によって消滅してしまうリスクがあるため、時効を中断させるために裁判手続きを取ることがあります。

2 裁判を放置すると差し押さえのリスクがある

 裁判を起こされると、裁判所から「訴状」という書面が郵送で届きます。支払督促という制度を利用し、裁判所から「支払督促」という書面が届くこともあります。

 これをそのまま放置してしまうと、支払督促や判決によって財産の差し押さえをされてしまうリスクがあります。差し押さえの対象となるのは、給与(給料)や預貯金、不動産、車両、保険で解約返戻金のあるものなどです。

3 裁判を起こされても、債務整理は可能

 既に裁判を起こされてしまっても、任意整理や自己破産などの債務整理を行うことは可能です。

 弁護士に依頼をすれば、支払督促や訴訟について対応が必要な場合の対応も、全て弁護士が行います。

4 借金の滞納は放置せず早めの対応が重要

 以上の通り、借金の滞納を放置してしまうと、いずれ裁判を起こされたり、差し押さえをされたりするリスクがあります。

 そのようなリスクを抱えたまま生活をするのは、常に不安を抱えることになり、精神的な負担が大きいものです。

 借金が支払えない状態になっている方は、早めに弁護士に相談することをお勧めします。