弁護士と司法書士の違い |調布・世田谷の弁護士による借金問題、債務整理相談

仙川総合法律事務所
電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く

弁護士と司法書士の違い

1 任意整理や破産など、債務整理を検討してインターネットで検索をしていると、弁護士事務所と司法書士事務所のホームページが混在していて、どちらに依頼すべきか迷う方も多いのではないでしょうか。

 今回は、弁護士と司法書士の違いについてご説明します。

2 まず、弁護士とは、法律専門家であり、依頼者の代理人として交渉をしたり、訴訟をしたりすることができる専門職です。司法書士は、不動産や会社などの登記を行うことを本来の業務とする職です。ただ、弁護士の数が不足していたなどの事情により、認定を受けた司法書士に限り、債権額が140万円以下の場合の案件に限り、交渉や訴訟を行うことが認められています。

3 任意整理や過払い金の案件を弁護士に頼むメリット

 任意整理や過払い金返還請求の事件を取り扱っている司法書士事務所は多くありますが、上記のとおり、司法書士は債権額が140万円以下の場合でしか交渉や訴訟を行うことは認められていません。従って、これらの額を超える場合には、弁護士しか取り扱うことができません。

4 破産や民事再生を弁護士に頼むメリット

 破産手続きや民事再生にあたっては、司法書士は代理人となることができず、あくまで書類作成の援助を行うだけですので、裁判所とのやり取りなどは全て依頼者ご自身が行わなければなりません。

 このような専門的な手続きを一般の方がご自身で行うのは大きな負担があります。

5 当事務所に債務整理の依頼をなさる方のなかには、一度は司法書士に依頼したにもかかわらず、上記のような事情もあり、司法書士では対応しきれず、結局弁護士に依頼することになったという方が少なくありません。そのような場合、依頼者にとっては、司法書士の費用と弁護士の費用を二重に負担することになるだけでなく、解決までの時間も余分にかかってしまいます。

 当事務所では、債務整理案件について全て弁護士が一貫して対応致しますので、安心してお任せください。

その他のコラム

カードローンでお困りの方へ

調布市でカードローン返済の相談先を探している方へ 1 カードローンの返済が苦しくなってしまったら無理せず相談を  昨今のキャッシュレス化に伴い、以前にも増してクレジットカードを利用する機会が増えているようです。  クレジットカードの利用は、通常、ショッピングでの利用と、キャッシングの利用があります。最近では、ショッピングでの利用にリボ払いを利用することによって、気が付いたら残高が

リボ払いの支払いで困っている方へ

1 リボ払いの落とし穴  クレジットカードでショッピングをする際に、リボ払いを利用する方は多いのではないでしょうか。リボ払いは、毎月の支払額が一定額になるので、便利に感じるかと思います。  しかし、日常的にこのリボ払いを利用していると、なぜか残高が減らない、いつまで経っても返済が終わらない、気が付いたら残高がどんどん増えてしまっている、というケースが少なくありません。  リボ払い

家族の借金をやめさせたい場合の方法~貸付自粛制度について

1 借金を繰り返してしまう方  借金について、一度家族に発覚して返済をさせたのに、また同じことを繰り返してしまうというケースは少なくありません。  借金をする理由は様々ありますが、なかには、浪費などの理由によって、本来する必要のない借金を何度も繰り返してしまう方もいます。  そのような場合、借金の原因によっては、カウンセリングなどによって根本的な問題に向き合っていくことも重要です

当事務所ではご依頼者の希望を最優先に方針を考えます

1 借金問題の解決策は一つではありません  借金問題については、解決策は様々です。主な方法としては、無理のない金額で分割返済を継続する任意整理、借金を返済しなくてよい状態(免責)にする自己破産、債務を減額して返済する民事再生の手続きがありますが、それ以外にも、過払い金を回収して返済に充てたり、時効にかかっている債務について時効の援用をしたり、一括返済を前提に減額交渉をするなどの方法もあります

年金は差し押さえられるか

1 年金は差押禁止  法律上、年金受給権は原則として差押が禁止されています。  年金は、日々の生活のための費用であるため、差押が禁止されているのです。  ただし、税金の滞納をしている場合には、例外的に一定の範囲で年金の差押えが認められていますので注意してください。 2 口座に入金された年金は差し押さえできる  年金の受給権については原則として差押えが禁止されていますが

「今の苦しみから少しでも早く逃れたい」「どうしていいかわからない」
「家族にも相談しにくい」とお悩みのかたへ

安心の相談体制

初回
無料相談

経験豊富な
弁護士が対応

プライバシーに
配慮した相談室

電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く