家族の借金問題 |調布・世田谷の弁護士による借金問題、債務整理相談

仙川総合法律事務所
電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く

家族の借金問題

1 家族の借金でも相談できるか

 債務整理のご相談では、ご自身の借金ではなく、家族の借金問題についてのご相談も多くあります。当事務所ではこのような相談ももちろん対応しております。

 最も多いのは、親御さんが息子や娘の借金に気が付き、本人と話しても曖昧な返答しか返ってこないため心配になり、親御さんだけで相談にいらっしゃるケースです。

 その他、妻や夫の借金を心配して相談にいらっしゃる方もいます。

2 家族の借金について相談する際の注意点

 ご本人ではなく家族からのご相談も可能ですが、弁護士が正式に債務整理としてご依頼を受けるためには、必ずご本人とお会いして意思確認をする必要があります。

 そのため、ご相談の後、ご本人とお話しいただいて了解を得たうえで、改めてご来所いただくことになります。

3 相談にいらっしゃる際に必要な情報

 ご家族の方が相談にいらっしゃる場合、借入状況を正確に把握できていないことが一般的です。

 ご相談の段階で借入状況の全てを正確に把握している必要まではありませんが、最低限、借金が総額でいくらぐらい残っているのか、ご本人の収入のおおよその額は把握しておいたほうが有益なアドバイスが可能です。

 これらの情報をもとに、どのような対応が適切か、債務整理を行うならどのような方法があるか、任意整理や自己破産などを行うことでご家族やご本人にどのようなメリット・デメリットがあるかなどをお伝えすることが可能です。

その他のコラム

不動産投資の失敗による借金の整理

1 不動産投資のリスク  不動産投資は、不動産を所有できるという点で、株取引や投資信託よりも安心感を持つ方もいるようです。  しかし、不動産投資には様々なリスクがあります。  まずは、想定通りの賃料で賃貸を継続することができるかどうかです。不動産は築年数が経つと一般的に賃料は低くなり、また、うまく賃借人が見つかるかどうかはその時の情勢にもよります。家賃保証などの契約もありますが、

借金の時効

1.借金の消滅時効とその期間  法律上、債権者が一定の期間、権利を行使しないと、その権利を行使することができなくなることを、消滅時効と言います。  消費者金融やカード会社からお金を借りた場合にも、この消滅時効の適用があります。具体的には、最終取引の日から5年間が経過すると、消滅時効にかかり、借金を返さなくてもよいことになります。  なお、消滅時効の期間として、個人間の一般的な取引

弁護士と司法書士の違い

1 任意整理や破産など、債務整理を検討してインターネットで検索をしていると、弁護士事務所と司法書士事務所のホームページが混在していて、どちらに依頼すべきか迷う方も多いのではないでしょうか。  今回は、弁護士と司法書士の違いについてご説明します。 2 まず、弁護士とは、法律専門家であり、依頼者の代理人として交渉をしたり、訴訟をしたりすることができる専門職です。司法書士は、不動産や会社など

会社の破産と取締役の破産

1 会社(法人)と代表取締役が同時に破産する場合  会社が破産する場合、多くの場合は代表取締役も自己破産をすることが多いです。  理由は、会社が金融機関から融資を受ける際、代表取締役が連帯保証をしているため、会社が破産をすると代表取締役が返済を求められることになり、その支払義務を免れる必要があるケースが多いためです。  この場合、あくまで2件(法人・個人)の破産事件として裁判所に

アルコール依存と借金

1 アルコール依存から借金をしてしまう理由  実際の債務整理の案件で、借金のきっかけがアルコール依存だったという方はめずらしくありません。  アルコール依存の場合、酒代として多額のお金を使ってしまうのはもちろんのこと、仕事に影響が出てしまい収入が不安定になったり、場合によっては退職せざるを得なくなってしまうこともあるため、生活費の不足を借金で賄うようになってしまうのです。 2 ア

「今の苦しみから少しでも早く逃れたい」「どうしていいかわからない」
「家族にも相談しにくい」とお悩みのかたへ

安心の相談体制

初回
無料相談

経験豊富な
弁護士が対応

プライバシーに
配慮した相談室

電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く