借金の一本化(おまとめローン)のメリット・デメリット |調布・世田谷の弁護士による借金問題、債務整理相談

仙川総合法律事務所
電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く

借金の一本化(おまとめローン)のメリット・デメリット

1 借金の一本化(おまとめローン)とは

 貸金業者から借入をしていると、おまとめローンなどの名称で、借金を一本化することを提案されたことがある方は少なくないのではないでしょうか

 借金の一本化(おまとめローン)とは、複数の貸金業者からの借入がある場合に、借入総額(あるいはそれ以上の額)を一つの貸金業者から借り、それを既存の借入の返済に充てて、借入先を一つにまとめることを言います。

2 借金の一本化(おまとめローン)のメリット

 借金を一本化する一番のメリットは、借入先が一つになることで返済の管理がしやすくなることです。複数の業者から借り入れていると、返済日や返済金額がそれぞれ異なり、これらにきちんと対応するだけでも相当な手間と神経を使いますが、一本化することによってそのような不便が解消されます。

 また、業者によっては、金利が若干安くなったり、それに伴い月々の返済額が少なくなったりするメリットもあります。

3 借金の一本化(おまとめローン)のデメリット

 上記のとおり、借金の一本化(おまとめローン)は、金利が安くなるケースもありますが、実際には、ほとんど変わらないケースも少なくありません。

 また、金利がわずかに安くなっても、月々の返済額を減らして返済期間を長くする分、支払総額は増えてしまうこともあります。

 さらに、借金の一本化(おまとめローン)では、保証人や不動産担保を要求されることも多く、万が一最終的に支払不能になってしまった場合に、第三者を巻き込んでしまったり、自宅を手放すことになってしまうなど、より深刻な事態を招いてしまう結果となりかねません。

4 さいごに

 以上のとおり、借金の一本化(おまとめローン)にはメリットもありますが、長期的に考えるとデメリットを生じる場合も少なくありません。

 目先の返済を楽にするだけでなく、将来の生活設計も踏まえ、慎重に判断しましょう。

その他のコラム

浪費癖を治す方法

1 浪費癖で借金をしてしまう  債務整理の案件を扱うにあたっては、借金をしてしまった理由を必ずお聞きします。なぜなら、特に破産などの手続きにおいては、借金の理由が、免責(借金を返済しなくてよい状態になること)が許可されるか否かに関わるからです。  借金の理由は様々ですが、浪費によって多額の借金をしてしまった方は少なくありません。  習慣的に浪費をしてしまう方の場合、本人にとって困

家賃が払えない場合の対処法

1 家賃不払いは賃貸借契約の解除理由になる  家賃がどうしても支払えない場合、貸主(大家さん)に無断で支払いを遅らせてしまうことは絶対に避けるべきです。家賃の未払いは、賃貸借契約の解除理由となり、物件から退去しなければならなくなってしまいます。  一時的にどうしても支払えない場合は、貸主(大家さん)に事前に連絡し、いつまでに支払えるかを伝え、その日まで待ってもらえるようお願いしましょう

借金問題の相談窓口

1 借金問題について、一般的な相談窓口  借金の返済に困って悩んでいる方は、とにかくそのままの状態を放置せず、早めに相談をするべきです。  相談窓口として一般的なものとしては、以下のとおりです。 ① 弁護士  借金問題についての相談はもちろん、任意整理や自己破産などの手続きを依頼することが可能です。  ただし、全ての弁護士が借金問題を取り扱っているわけではありませんの

借金の一本化(おまとめローン)のメリット・デメリット

1 借金の一本化(おまとめローン)とは  貸金業者から借入をしていると、おまとめローンなどの名称で、借金を一本化することを提案されたことがある方は少なくないのではないでしょうか  借金の一本化(おまとめローン)とは、複数の貸金業者からの借入がある場合に、借入総額(あるいはそれ以上の額)を一つの貸金業者から借り、それを既存の借入の返済に充てて、借入先を一つにまとめることを言います。

家族の借金相談

1 家族の借金問題について  夫や妻、子どもなど、家族が借金していることが発覚した場合、家族としてはとても心配になります。  法律上、家族といえども自分以外の人が借りた借金について責任を負うことはありません(保証をしていない限り、返済義務がありません)。  しかし、借金を抱えたままでは生活に様々な支障が生じる可能性があり、家族として心配になるのは当然のことです。 2 家族が

「今の苦しみから少しでも早く逃れたい」「どうしていいかわからない」
「家族にも相談しにくい」とお悩みのかたへ

安心の相談体制

初回
無料相談

経験豊富な
弁護士が対応

プライバシーに
配慮した相談室

電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く