夫/妻の借金が発覚した場合 |調布・世田谷の弁護士による借金問題、債務整理相談

仙川総合法律事務所
電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く

夫/妻の借金が発覚した場合

1 夫や妻の借金が発覚した場合に対処すべきこと

 夫や妻が内緒で借金をしていたことが発覚した場合、往々にして、本人は借入残高の総額や内訳などを明らかにしようとしません。そして、「大丈夫。自分でなんとかするから。」などと言われ、それ以上追及できないまま、心配だけ重ねている方が少なくありません。

 しかしながら、貸金業者などからの借入は、利息も高く、毎月約定通りに返済をしていたとしてもなかなか残高が減らず、返済しながらまた借りたり、という状態を繰り返しているうちに、気が付いたら残高がどんどん増えてしまうことすらあります。

 夫婦であっても、夫や妻が勝手に作った借金については基本的には返済義務は負いませんが、家族として生活をしていくうえで、配偶者が借金を抱えたままというのは、今後何かと障害になるリスクがあります。

 従って、夫や妻の借金が発覚した場合には、必ず以下の対応を取りましょう。

・借入先の確認
・残高と内訳の確認
・月々の返済額の確認
上記を踏まえ、残っている借金をどうするのかを夫婦で決める。

2 返済が困難な場合の対応

 上記のとおり、まずは借入状況をきちんと把握したうえで、借金をどうするのか、相手に任せずに夫婦で考えていくことが大切です。

 その際、約定通りに返済をしていくことできちんと完済することができるのかどうかは、慎重に判断をすべきです。上記のとおり、貸金業者からの借入は利息が高いため、約定通りに返済していたとしてもなかなか元金は減らないことが多いためです。

 返済が困難な場合は、ためわらず弁護士に相談に行きましょう。

 借入状況や家族としての生活設計なども踏まえ、任意整理や自己破産など最適な方法をご提案することが可能です。

3 ご相談は借入をしている本人同行がベターです

 弁護士に相談をする際には、まずはご家族の方だけが相談にいらっしゃることでも構いません。

 ただ、実際にご依頼いただくにあたっては、必ずご本人と面談させていただく必要がありますので、業者への返済期限が迫っていてすぐに弁護士に受任通知を送ってもらいたいなど緊急の場合には、初回のご相談時からご本人を同行いただいたほうがよいです。

その他のコラム

借金問題について弁護士に相談するべきタイミング

調布市で借金問題にお悩みの方へ 1 返済が苦しいと感じたら相談を  クレジットカードを利用してショッピングをしたり、その支払いについてリボ払いを利用したり、時には生活費の不足をキャッシングしたりということは、現代社会では決してめずらしいことではありません。  しかし、リボ払いやキャッシングは、手数料や利息がかかり、その金額も決して安いものではありません。そのため、気が付いたら、元

リボ払いの支払いで困っている方へ

1 リボ払いの落とし穴  クレジットカードでショッピングをする際に、リボ払いを利用する方は多いのではないでしょうか。リボ払いは、毎月の支払額が一定額になるので、便利に感じるかと思います。  しかし、日常的にこのリボ払いを利用していると、なぜか残高が減らない、いつまで経っても返済が終わらない、気が付いたら残高がどんどん増えてしまっている、というケースが少なくありません。  リボ払い

家族の借金をやめさせたい場合の方法~貸付自粛制度について

1 借金を繰り返してしまう方  借金について、一度家族に発覚して返済をさせたのに、また同じことを繰り返してしまうというケースは少なくありません。  借金をする理由は様々ありますが、なかには、浪費などの理由によって、本来する必要のない借金を何度も繰り返してしまう方もいます。  そのような場合、借金の原因によっては、カウンセリングなどによって根本的な問題に向き合っていくことも重要です

破産管財人とは

1 破産管財人とは  破産管財人とは、破産手続において破産財団に属する財産の管理及び処分をする権利を有する者を言います(破産法第2条12号)。具体的には、破産裁判所の指導・監督の下、破産手続きにおいて破産財産に属する財産の管理及び処分をする権利を有し、破産債権者に対する弁済や配当等も行います。 2 破産管財人の資格  通常は、当該破産手続きに利害関係のない弁護士が裁判所により選任

家賃が払えない場合の対処法

1 家賃不払いは賃貸借契約の解除理由になる  家賃がどうしても支払えない場合、貸主(大家さん)に無断で支払いを遅らせてしまうことは絶対に避けるべきです。家賃の未払いは、賃貸借契約の解除理由となり、物件から退去しなければならなくなってしまいます。  一時的にどうしても支払えない場合は、貸主(大家さん)に事前に連絡し、いつまでに支払えるかを伝え、その日まで待ってもらえるようお願いしましょう

「今の苦しみから少しでも早く逃れたい」「どうしていいかわからない」
「家族にも相談しにくい」とお悩みのかたへ

安心の相談体制

初回
無料相談

経験豊富な
弁護士が対応

プライバシーに
配慮した相談室

電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く