ギャンブルによる借金 |調布・世田谷の弁護士による借金問題、債務整理相談

仙川総合法律事務所
電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く

ギャンブルによる借金

1 ギャンブルによる借金

 パチンコやスロット、競馬などのギャンブルによって借金をしてしまい、気が付いたら多額の残高で返しきれなくなっていたという方は少なくありません。

 多くの場合、パチンコやスロット、競馬などで一度に多額のお金を使うわけではなく、少額のお金を複数回に分けて日常的に使っているため、それほど大きな危機感を持たないまま、ギャンブルと借金を続けてしまうようです。

 しかしながら、貸金業者や銀行のカードローンなどの借入は、利息が高く、しかも気軽に借りられてしまうため、少額の取引を繰り返しているうちに元金が膨れ上がり、毎月の返済を続けていても利息しか返せておらず、元金が一向に減らないという事態が起こりやすいのです。

2 ギャンブルによる借金の整理方法

(1)任意整理

 弁護士が代理人となって借入先と交渉を行い、その後の利息をカットしたうえで、月々無理のない返済方法を合意する整理方法です。

 あくまで返済していく方法ですので、残高が高額で返済が現実的でない場合には難しいです。

(2)自己破産

 返済が現実的に難しい場合、裁判所の許可を得て、負債の返済をしなくてよい状態(「免責」と言います。)にしてもらう手続きです。

 ただ、ギャンブルによる借り入れは、免責が不許可とされる事由として破産法252条1項に定められています。

 しかしながら、ギャンブルで作った借金の額やギャンブルの頻度、反省の程度、その後の生活再建の可能性などを総合的に考慮し、免責が許可されるケースも多くあります。

(3)民事再生

 住宅ローンがあり自宅を手放したくない場合に、裁判所の許可と債権者の同意を得て負債の額を減額してもらい、返済をしていく方法です。

3 まずはご相談を

 ギャンブルによる借金であっても、上記のような方法で整理を行い、経済的に生活を再建していくことができる可能性は十分にあります。

 とにかく早いご相談をお勧めします。

その他のコラム

亡くなった人の債務について督促が来た場合の対応

1 遺産を取得しない場合は相続放棄の手続を  例えば、疎遠にしていた父親が亡くなった後に突然、父親が借りていた借金についての督促状が、その方の子どもに届くということがあります。  これは、子どもは親の法定相続人であるため、亡くなった親に借金が残っていた場合、その負債を法定相続分に従って相続することになるためです。  亡くなった方(被相続人)が、借金だけでなくプラスの財産も残してお

夫/妻の借金が発覚した場合

1 夫や妻の借金が発覚した場合に対処すべきこと  夫や妻が内緒で借金をしていたことが発覚した場合、往々にして、本人は借入残高の総額や内訳などを明らかにしようとしません。そして、「大丈夫。自分でなんとかするから。」などと言われ、それ以上追及できないまま、心配だけ重ねている方が少なくありません。  しかしながら、貸金業者などからの借入は、利息も高く、毎月約定通りに返済をしていたとしてもなか

ギャンブルによる借金

1 ギャンブルによる借金  パチンコやスロット、競馬などのギャンブルによって借金をしてしまい、気が付いたら多額の残高で返しきれなくなっていたという方は少なくありません。  多くの場合、パチンコやスロット、競馬などで一度に多額のお金を使うわけではなく、少額のお金を複数回に分けて日常的に使っているため、それほど大きな危機感を持たないまま、ギャンブルと借金を続けてしまうようです。  し

リボ払いと分割払いの違い

1 リボ払いと分割払いの違い  リボ払い(リボルビング払い)と分割払いは、利用した金額を月々に分けて支払う方法という点で共通していますが、支払方法や手数料の点で異なっています。 【リボ払い】  リボ払いは、利用金額や件数に関わらず、毎月一定の金額を支払う方法です。  手数料については、毎月の利用残高に対して、クレジットカード会社所定の割合で支払うことになります。 【分

手形の不渡りを回避する方法

調布市の事業者で手形決済にお困りの方 1 不渡りとは  手形の不渡り(ふわたり)とは、手形や小切手を振り出した債務者に対し、支払人が支払呈示をしたにも関わらず、支払われないことを言います。  不渡事故を起こすと、手形交換所規則によって、交換所から全ての加盟金融機関に対して通知がなされますので、金融機関とのその後の取引に重大な支障を生じます。  さらに、6か月以内に2度目の不

「今の苦しみから少しでも早く逃れたい」「どうしていいかわからない」
「家族にも相談しにくい」とお悩みのかたへ

安心の相談体制

初回
無料相談

経験豊富な
弁護士が対応

プライバシーに
配慮した相談室

電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く