会社の破産と取締役の破産 |調布・世田谷の弁護士による借金問題、債務整理相談

仙川総合法律事務所
電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く

会社の破産と取締役の破産

1 会社(法人)と代表取締役が同時に破産する場合

 会社が破産する場合、多くの場合は代表取締役も自己破産をすることが多いです。

 理由は、会社が金融機関から融資を受ける際、代表取締役が連帯保証をしているため、会社が破産をすると代表取締役が返済を求められることになり、その支払義務を免れる必要があるケースが多いためです。

 この場合、あくまで2件(法人・個人)の破産事件として裁判所に申立てをすることになりますが、実際の手続きでは、関連事件として一括して取り扱われることが一般的です。

2 会社だけが破産する場合

 会社が金融機関から融資を受ける際に、代表取締役が個人保証をしていない場合で、他の負債の返済に窮している状態ではない場合は、会社の破産手続きのみを取ることで足ります。

3 取締役だけが破産する場合

 会社の状況とは関係なく、取締役が個人的に負債を抱えて返済に窮している場合、取締役が個人的に破産手続きを取ることはもちろん可能です。

 ただ、この場合、破産手続き中は取締役を一旦退任することが必要です。会社と取締役の関係は民法の委任契約とされており、委任契約は破産によって終了することと定められているためです。

 もっとも、破産手続き完了後に、改めて取締役に就任する株主総会決議を経ることができれば再び取締役に就くことが可能です。しかし、取締役に再任後に会社の経営を継続していくなかで、例えば会社が新規融資を受ける際に代表取締役の個人保証を求められ、代表取締役が個人的に破産をしていたことにより審査が通らないなどのデメリットが考えられます。従って、代表取締役の方が債務整理を検討する場合は、このようなデメリットを慎重に検討し、場合によっては破産ではなく任意整理を選択したほうがよいこともあり得ます。

その他のコラム

不動産投資の失敗による借金の整理

1 不動産投資のリスク  不動産投資は、不動産を所有できるという点で、株取引や投資信託よりも安心感を持つ方もいるようです。  しかし、不動産投資には様々なリスクがあります。  まずは、想定通りの賃料で賃貸を継続することができるかどうかです。不動産は築年数が経つと一般的に賃料は低くなり、また、うまく賃借人が見つかるかどうかはその時の情勢にもよります。家賃保証などの契約もありますが、

夫/妻の借金が発覚した場合

1 夫や妻の借金が発覚した場合に対処すべきこと  夫や妻が内緒で借金をしていたことが発覚した場合、往々にして、本人は借入残高の総額や内訳などを明らかにしようとしません。そして、「大丈夫。自分でなんとかするから。」などと言われ、それ以上追及できないまま、心配だけ重ねている方が少なくありません。  しかしながら、貸金業者などからの借入は、利息も高く、毎月約定通りに返済をしていたとしてもなか

国民健康保険の滞納でお困りの方

調布市で国民健康保険料のお支払ができないことでお困りの方へ 1 国民健康保険料は破産をしても免責されない  国民健康保険料を既に滞納してしまっている場合、債務整理ができないか検討する方もいるかもしれません。  しかし、国民健康保険料は自己破産をしても免責(債務を支払わなくてよい状態になること)されず、民事再生手続においても減額されません。  そのため、自己破産などで他の債務

年金は差し押さえられるか

1 年金は差押禁止  法律上、年金受給権は原則として差押が禁止されています。  年金は、日々の生活のための費用であるため、差押が禁止されているのです。  ただし、税金の滞納をしている場合には、例外的に一定の範囲で年金の差押えが認められていますので注意してください。 2 口座に入金された年金は差し押さえできる  年金の受給権については原則として差押えが禁止されていますが

家族の借金をやめさせたい場合の方法~貸付自粛制度について

1 借金を繰り返してしまう方  借金について、一度家族に発覚して返済をさせたのに、また同じことを繰り返してしまうというケースは少なくありません。  借金をする理由は様々ありますが、なかには、浪費などの理由によって、本来する必要のない借金を何度も繰り返してしまう方もいます。  そのような場合、借金の原因によっては、カウンセリングなどによって根本的な問題に向き合っていくことも重要です

「今の苦しみから少しでも早く逃れたい」「どうしていいかわからない」
「家族にも相談しにくい」とお悩みのかたへ

安心の相談体制

初回
無料相談

経験豊富な
弁護士が対応

プライバシーに
配慮した相談室

電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く