自己破産と自動車の取り扱い |調布・世田谷の弁護士による借金問題、債務整理相談

仙川総合法律事務所
電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く

自己破産と自動車の取り扱い

1 自動車ローンが残っている場合

 自己破産の申立てをする際に、自動車を所有している場合、その自動車を使用し続けることは可能でしょうか。

 まず、その自動車をローンで購入していてまだその返済が終わっていない場合、ローン会社との契約により、完済するまでの間はその自動車の所有権がローン会社に留保されていることが一般です。従って、自己破産にあたり返済をストップした時点で、ローン会社が自動車を引き揚げることになります。

 なお、保証人がついている場合、自動車を引き揚げても残債が残る場合には、保証人に請求がいくことになります。

2 ローンを利用していない場合/完済している場合

 自動車の購入にあたってローンを利用せず一括払いをしていた場合、あるいは自動車ローンを組んでいたけれども既に完済している場合は、その自動車の現在の価値がどの程度かによります。

 東京地方裁判所での破産事件の場合、自動車の処分見込額が20万円以下の場合には、処分せずに保有し続けることが可能です。

 反対に、処分見込額が20万円を超える場合には、処分をすることが必要になります。

3 自動車の名義変更をすることで利用継続が可能か

 上記のとおり、処分見込額が20万円を超える自動車の場合は処分をすることになりますが、破産申立の前に名義変更をすることで実質的に処分を免れることが可能か、ご質問を受けることがあります。

 しかしながら、このような潜脱的な行為は、財産隠しとみなされて破産手続きのなかで問題になってしまう可能性がありますので、適切ではありません。

 ただし、適正な評価額で売却をするような場合には問題とならないこともありますので、具体的には弁護士にご相談ください。

その他のコラム

家族からの借金がある場合の自己破産

1 家族からの借金だけ対象にしないことはできない  貸金業者からの借金が膨らみ自己破産をしたいのだけれど、親や兄弟からの借金については、迷惑をかけたくないので返済を続けたい、あるいは自己破産することを伝えたくない、という方はめずらしくありません。  しかし、貸金業者からの借金も、家族からの借金も、貸金債務という法的性質に変わりはありません。自己破産は、免責と言って法的に借金を返さなくて

自己破産後の生活

調布市で自己破産を検討中の方へ、破産後の生活についてご説明します 1 自己破産後の生活で影響のあること  自己破産をすると、信用情報(ブラックリスト)に載りますので、その後一定の期間、クレジットカードを作ったり、借入をすることができない状態になります。  ブラックリストに掲載される期間については、5年から10年とされています。  住宅ローンについても、ブラックリストに載って

自己破産ができる借金額

調布市で自己破産を検討中の方へ 1 借金の額が少ない/多いと自己破産できないのか  借金の返済が苦しく、自己破産をしたいと考えている場合でも、自分の借金の額が果たして破産手続きに適しているのかどうか、迷うことがあるのではないでしょうか。  法律上、破産ができる金額というのは一律には決まっていません。単に借金の額が少ないとか、多いとかいうことだけで、破産手続きが取れないということは

自己破産とアパートなどの賃貸について

1 現在借りて住んでいる賃貸マンションや賃貸アパートに住み続けられるか (1)自己破産をしても追い出されることはありません  現在の自宅が、賃貸マンションや賃貸アパートの場合、自己破産をすると解約されてしまうのではないかと心配なさる方がいらっしゃいますが、そのような心配はありません。  自己破産をしても、賃料の滞納が無い限り、そもそも賃貸人(大家さん)に自己破産の事実を知られるこ

自己破産にかかる期間

調布市で自己破産を検討中の方 1 はじめに  自己破産をすると決断した場合、手続が終わるまでにどのくらいの期間がかかるのか、皆さん気にかかる点かと思います。  以下では、当事務所でご依頼いただき、東京地方裁判所で破産申立てをする場合の通常の期間を目安として解説します。 2 弁護士に依頼~申立てまで (1)受任通知の発送:原則、即日  自己破産を弁護士に依頼をする

「今の苦しみから少しでも早く逃れたい」「どうしていいかわからない」
「家族にも相談しにくい」とお悩みのかたへ

安心の相談体制

初回
無料相談

経験豊富な
弁護士が対応

プライバシーに
配慮した相談室

電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く