自己破産とアパートなどの賃貸について |調布・世田谷の弁護士による借金問題、債務整理相談

仙川総合法律事務所
電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く

自己破産とアパートなどの賃貸について

1 現在借りて住んでいる賃貸マンションや賃貸アパートに住み続けられるか

(1)自己破産をしても追い出されることはありません

 現在の自宅が、賃貸マンションや賃貸アパートの場合、自己破産をすると解約されてしまうのではないかと心配なさる方がいらっしゃいますが、そのような心配はありません。

 自己破産をしても、賃料の滞納が無い限り、そもそも賃貸人(大家さん)に自己破産の事実を知られること自体が通常はありませんし、仮に知られたとしても、それ自体で解約をされることは法的にありません。

 ただし、ごく例外的に、収入に見合わない高額な賃料の物件に住んでいる場合には、破産管財人によって解約されることがありますが、極めて稀なケースです。

(2)賃料を滞納している場合は解約事由になります

 賃料を滞納している場合は、自己破産をしてもしなくても、賃貸借契約の解除事由になります。

 従って、この場合は、住んでいる賃貸マンションや賃貸アパートから退去しなければなりません。

 もっとも、滞納額がごくわずかであるような場合、解除せずにそのまま契約を継続してくれる場合もあります。

2 新しくマンションやアパートを借りることができるか

 自己破産をしても、その後新しくマンションやアパートを借りられなくなるということは基本的にありません。賃貸借契約の際に貸主側が行う審査では信用情報を参考にすることはないためです。

 ただし、契約時に保証会社を利用する場合には、保証会社の審査にあたって信用情報を参考にするため、審査に通らない場合もありますので注意が必要です。ただこの場合も、保証会社ではなく連帯保証人をつけることで貸主に了承してもらえれば、借りることができます。

その他のコラム

飲食店の破産

1 飲食店を経営しているけれども、残念ながら経営がうまくいかず、閉店を検討している場合、特に負債が残っていなければ何も問題はありません。  しかし、実際には、飲食店の開店には内装費などの初期費用が多くかかるため、金融機関から借入をしており、その負債が残っているということが多いかと思います。  負債を返済するのが現実的に難しい場合、破産手続きを取ることで、法的に支払いを免れることができま

不動産投資と自己破産

1 不動産投資に失敗したら早めに弁護士に相談を  最近では、サラリーマンなどの個人の方が、不動産を購入して賃貸し利益を得ることを狙った不動産投資を行うことが珍しくなくなりました。  しかし、不動産投資は、賃貸人として、賃借人とのトラブル対応をしなければならなかったり、修繕費など経費の負担も少なくなく、何よりも、思ったように賃借人が確保できるかどうかは誰にも分かりません。  そのた

自己破産後の生活

調布市で自己破産を検討中の方へ、破産後の生活についてご説明します 1 自己破産後の生活で影響のあること  自己破産をすると、信用情報(ブラックリスト)に載りますので、その後一定の期間、クレジットカードを作ったり、借入をすることができない状態になります。  ブラックリストに掲載される期間については、5年から10年とされています。  住宅ローンについても、ブラックリストに載って

破産する費用がない場合

調布市で破産を検討中の方で、費用についてお悩みの方へ 1 破産手続きをするための費用  破産手続きを取るにあたって必要な費用は、大きく分けて、①弁護士費用と、②裁判所に納める手続費用、③主に破産管財人の報酬となる引継予納金があります。 ① 弁護士費用  弁護士の費用は、現在自由化されており、事務所によって異なります。  当事務所の費用については、こちらをご覧ください。

税金滞納と自己破産

調布市で税金滞納でお困りの方へ 1 税金は免責されない  固定資産税や住民税、国民健康保険料などを滞納してしまい、支払いが困難な場合、自己破産をすることで支払いを免れることができるでしょうか。  残念ながら、税金については、非免責債権とされており、支払いを免れることができません。つまり、通常の借金などであれば、破産申立てをして免責許可決定を得ることにより支払いを免れることができま

「今の苦しみから少しでも早く逃れたい」「どうしていいかわからない」
「家族にも相談しにくい」とお悩みのかたへ

安心の相談体制

初回
無料相談

経験豊富な
弁護士が対応

プライバシーに
配慮した相談室

電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く