自己破産後の生活 |調布・世田谷の弁護士による借金問題、債務整理相談

仙川総合法律事務所
電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く

自己破産後の生活

調布市で自己破産を検討中の方へ、破産後の生活についてご説明します

1 自己破産後の生活で影響のあること

 自己破産をすると、信用情報(ブラックリスト)に載りますので、その後一定の期間、クレジットカードを作ったり、借入をすることができない状態になります。

 ブラックリストに掲載される期間については、5年から10年とされています。

 住宅ローンについても、ブラックリストに載っている期間は、通常は借り入れることができません。

 携帯電話(スマホ)については、一括で購入して使用することはできますが、分割での購入は基本的にできません。

 ブラックリストから抹消された後は、再び借入をすることができる状態になります(ただし、審査基準は業者によってまちまちですので、絶対ではありません。)。

2 年金や選挙権、戸籍に影響はない

 自己破産をしても、将来受け取る年金額に影響は一切ありません。

 また、選挙権がなくなったり、戸籍や住民票に記録が載ってしまうこともありません。

3 家族への影響はない

 自己破産をしても、家族への影響は一切ありません。

 なかには、子どもの就職に際して影響が出るのではないかと心配される方もいますが、そのようなことはありませんのでご安心ください。

4 まとめ

 以上のとおり、自己破産をしたからと言って、その後の生活に支障がでることは基本的にありません。

 クレジットカードを作ったり借入をすることはできなくなりますが、借金を清算して新しい人生をスタートさせるにあたっては、むしろメリットと捉えてもよいのではないでしょうか。

 その他、心配な点や気にかかる点がある場合は、依頼をする前に遠慮なく弁護士にご相談ください。

その他のコラム

自己破産と自動車の取り扱い

1 自動車ローンが残っている場合  自己破産の申立てをする際に、自動車を所有している場合、その自動車を使用し続けることは可能でしょうか。  まず、その自動車をローンで購入していてまだその返済が終わっていない場合、ローン会社との契約により、完済するまでの間はその自動車の所有権がローン会社に留保されていることが一般です。従って、自己破産にあたり返済をストップした時点で、ローン会社が自動車を

破産手続きにおける「復権」とは

1 復権とは  自己破産の申立を行い、裁判所によって破産手続きが開始されると、破産者(破産の申立をした人のことを、手続上、破産者と呼びます。)はいくつかの資格制限を受けます。  資格制限とは、一定の資格を喪失したり、資格が使えなくなったりすることで、例えば、弁護士、司法書士、公認会計士、税理士、警備員、宅地建物取引士などの資格が制限されます。  しかし、この資格制限は一生続くわけ

破産する費用がない場合

調布市で破産を検討中の方で、費用についてお悩みの方へ 1 破産手続きをするための費用  破産手続きを取るにあたって必要な費用は、大きく分けて、①弁護士費用と、②裁判所に納める手続費用、③主に破産管財人の報酬となる引継予納金があります。 ① 弁護士費用  弁護士の費用は、現在自由化されており、事務所によって異なります。  当事務所の費用については、こちらをご覧ください。

個人事業者の破産

個人事業者が破産する場合の注意点、今後の事業継続について 1 個人事業者が破産をしても事業の継続は可能 個人事業者として事業を行っている方が破産をする場合、法人ではありませんので、あくまで個人としての破産申立てを行うことになります。 まだ事業を継続している方の場合、破産をした後も事業を続けていくことができるのかというのが一番の心配かと思いますが、破産をしても事業の継続は可能です。

家族からの借金がある場合の自己破産

1 家族からの借金だけ対象にしないことはできない  貸金業者からの借金が膨らみ自己破産をしたいのだけれど、親や兄弟からの借金については、迷惑をかけたくないので返済を続けたい、あるいは自己破産することを伝えたくない、という方はめずらしくありません。  しかし、貸金業者からの借金も、家族からの借金も、貸金債務という法的性質に変わりはありません。自己破産は、免責と言って法的に借金を返さなくて

「今の苦しみから少しでも早く逃れたい」「どうしていいかわからない」
「家族にも相談しにくい」とお悩みのかたへ

安心の相談体制

初回
無料相談

経験豊富な
弁護士が対応

プライバシーに
配慮した相談室

電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く