税金滞納と自己破産 |調布・世田谷の弁護士による借金問題、債務整理相談

仙川総合法律事務所
電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く

税金滞納と自己破産

調布市で税金滞納でお困りの方へ

1 税金は免責されない

 固定資産税や住民税、国民健康保険料などを滞納してしまい、支払いが困難な場合、自己破産をすることで支払いを免れることができるでしょうか。

 残念ながら、税金については、非免責債権とされており、支払いを免れることができません。つまり、通常の借金などであれば、破産申立てをして免責許可決定を得ることにより支払いを免れることができますが、税金については、この免責の対象外とされているのです。

2 分割払いの相談を

 それでは、税金の滞納についてはどのように対応すべきでしょうか。そのまま放置してしまうと、不動産や給与、年金などが差し押さえられてしまうことがありますので、放置することは避けましょう。給与が差し押さえられると、裁判所から勤務先に差押通知が届くことになってしまいます。

 滞納した税金を一括で支払うことができない場合は、分割払いの相談をします。ご自身の経済状況を率直に伝え、可能な範囲での分割払いを提案することで、分割払いに応じてくれるケースも少なくありません。滞納期間が長くなる前に、早めに相談に行くことが大切です。

3 他にも借金がある場合には債務整理の検討を

 税金以外にも借入があって返済に困っている場合は、任意整理や自己破産などの債務整理を検討しましょう。

 これにより、税金以外の借金を減額・免責することができ、その分、滞納した税金の支払いに充てることが出来る状態になります。従って、税金自体は免責されなくとも、税金の滞納を解消するための有効な手段と言えます。

その他のコラム

飲食店の破産

1 飲食店を経営しているけれども、残念ながら経営がうまくいかず、閉店を検討している場合、特に負債が残っていなければ何も問題はありません。  しかし、実際には、飲食店の開店には内装費などの初期費用が多くかかるため、金融機関から借入をしており、その負債が残っているということが多いかと思います。  負債を返済するのが現実的に難しい場合、破産手続きを取ることで、法的に支払いを免れることができま

自己破産とアパートなどの賃貸について

1 現在借りて住んでいる賃貸マンションや賃貸アパートに住み続けられるか (1)自己破産をしても追い出されることはありません  現在の自宅が、賃貸マンションや賃貸アパートの場合、自己破産をすると解約されてしまうのではないかと心配なさる方がいらっしゃいますが、そのような心配はありません。  自己破産をしても、賃料の滞納が無い限り、そもそも賃貸人(大家さん)に自己破産の事実を知られるこ

個人事業者の破産

個人事業者が破産する場合の注意点、今後の事業継続について 1 個人事業者が破産をしても事業の継続は可能 個人事業者として事業を行っている方が破産をする場合、法人ではありませんので、あくまで個人としての破産申立てを行うことになります。 まだ事業を継続している方の場合、破産をした後も事業を続けていくことができるのかというのが一番の心配かと思いますが、破産をしても事業の継続は可能です。

調布市や府中市にお住いの方の自己破産について

1 23区にお住いの方の破産案件とは裁判所が異なります  自己破産の申立ては、原則として、破産申立てをする方の住所地を管轄する裁判所にしなければなりません。  東京の場合、霞が関に東京地方裁判所の本庁があり、23区にお住いの方の場合は、この裁判所に申立てをします。 他方、調布市や府中市にお住いの方は、東京地方裁判所立川支部に申立てをすることが一般です。 2 裁判所が異なるこ

自己破産ができる借金額

調布市で自己破産を検討中の方へ 1 借金の額が少ない/多いと自己破産できないのか  借金の返済が苦しく、自己破産をしたいと考えている場合でも、自分の借金の額が果たして破産手続きに適しているのかどうか、迷うことがあるのではないでしょうか。  法律上、破産ができる金額というのは一律には決まっていません。単に借金の額が少ないとか、多いとかいうことだけで、破産手続きが取れないということは

「今の苦しみから少しでも早く逃れたい」「どうしていいかわからない」
「家族にも相談しにくい」とお悩みのかたへ

安心の相談体制

初回
無料相談

経験豊富な
弁護士が対応

プライバシーに
配慮した相談室

電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く