裁判所から訴状が届いた場合 |調布・世田谷の弁護士による借金問題、債務整理相談

仙川総合法律事務所
電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く

裁判所から訴状が届いた場合

1 借金の滞納を続けると裁判を起こされるリスクがある

 借金の返済が滞ってしまっている場合でも、すぐに業者が裁判を起こしてくることはあまりありません。

 しかし、返済を全くしない状態が長期間続くと、裁判を起こされることがあります。貸金業者にとって、返済しない状態を放置してしまうと時効によって消滅してしまうリスクがあるため、時効を中断させるために裁判手続きを取ることがあります。

2 裁判を放置すると差し押さえのリスクがある

 裁判を起こされると、裁判所から「訴状」という書面が郵送で届きます。支払督促という制度を利用し、裁判所から「支払督促」という書面が届くこともあります。

 これをそのまま放置してしまうと、支払督促や判決によって財産の差し押さえをされてしまうリスクがあります。差し押さえの対象となるのは、給与(給料)や預貯金、不動産、車両、保険で解約返戻金のあるものなどです。

3 裁判を起こされても、債務整理は可能

 既に裁判を起こされてしまっても、任意整理や自己破産などの債務整理を行うことは可能です。

 弁護士に依頼をすれば、支払督促や訴訟について対応が必要な場合の対応も、全て弁護士が行います。

4 借金の滞納は放置せず早めの対応が重要

 以上の通り、借金の滞納を放置してしまうと、いずれ裁判を起こされたり、差し押さえをされたりするリスクがあります。

 そのようなリスクを抱えたまま生活をするのは、常に不安を抱えることになり、精神的な負担が大きいものです。

 借金が支払えない状態になっている方は、早めに弁護士に相談することをお勧めします。

その他のコラム

給料ファクタリングにご注意ください

1 給料ファクタリングとは  給料ファクタリングとは、利用者が勤務先の会社に対して有している将来の給与債権を、給料ファクタリング業者が買い取り、賃金債権(の一部)の譲渡を受けたという形式で、資金融通サービスを行うものです。  つまり、一定期間、事実上の給与の前借りができるのと同じ状態になりますので、一見便利なサービスに思えます。  しかし、利用者は、手数料の名目で利息制限法(年率

アルコール依存と借金

1 アルコール依存から借金をしてしまう理由  実際の債務整理の案件で、借金のきっかけがアルコール依存だったという方はめずらしくありません。  アルコール依存の場合、酒代として多額のお金を使ってしまうのはもちろんのこと、仕事に影響が出てしまい収入が不安定になったり、場合によっては退職せざるを得なくなってしまうこともあるため、生活費の不足を借金で賄うようになってしまうのです。 2 ア

夫/妻の借金が発覚した場合

1 夫や妻の借金が発覚した場合に対処すべきこと  夫や妻が内緒で借金をしていたことが発覚した場合、往々にして、本人は借入残高の総額や内訳などを明らかにしようとしません。そして、「大丈夫。自分でなんとかするから。」などと言われ、それ以上追及できないまま、心配だけ重ねている方が少なくありません。  しかしながら、貸金業者などからの借入は、利息も高く、毎月約定通りに返済をしていたとしてもなか

借金の一本化(おまとめローン)のメリット・デメリット

1 借金の一本化(おまとめローン)とは  貸金業者から借入をしていると、おまとめローンなどの名称で、借金を一本化することを提案されたことがある方は少なくないのではないでしょうか  借金の一本化(おまとめローン)とは、複数の貸金業者からの借入がある場合に、借入総額(あるいはそれ以上の額)を一つの貸金業者から借り、それを既存の借入の返済に充てて、借入先を一つにまとめることを言います。

裁判所から訴状が届いた場合

1 借金の滞納を続けると裁判を起こされるリスクがある  借金の返済が滞ってしまっている場合でも、すぐに業者が裁判を起こしてくることはあまりありません。  しかし、返済を全くしない状態が長期間続くと、裁判を起こされることがあります。貸金業者にとって、返済しない状態を放置してしまうと時効によって消滅してしまうリスクがあるため、時効を中断させるために裁判手続きを取ることがあります。 2

「今の苦しみから少しでも早く逃れたい」「どうしていいかわからない」
「家族にも相談しにくい」とお悩みのかたへ

安心の相談体制

初回
無料相談

経験豊富な
弁護士が対応

プライバシーに
配慮した相談室

電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く