ソーシャルゲームの課金による借金 |調布・世田谷の弁護士による借金問題、債務整理相談

仙川総合法律事務所
電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く

ソーシャルゲームの課金による借金

1 ソシャゲの課金で借金を抱えてしまうケースが少なくない

 ソーシャルゲーム(ソシャゲ)の多くは、基本的に無料とされているため、気軽に様々なタイトルをダウンロードしがちです。

 ただ、たいていのソシャゲでは、ゲームを進めると課金システムがあることが分かります。

 そして、課金システムは、通常はクレジットカードによる決済になっているため、手持ち金以上のお金を使ってしまったり、リボ払いを重ねてしまったりして、気が付くと借金を作ってしまっているということが少なくありません。

 特に「ガチャ課金」は、ギャンブル性があるため、冷静なときには無駄使いと分かっているのに始めると何度もやってしまいがちです。一度の課金額は少なくても、1日に何時間もゲームをやり、課金を繰り返していると、あっという間に借金ができてしまってもおかしくありません。

2 ソシャゲによる借金も債務整理の対象になる

(1)任意整理をする場合

 ソシャゲによる借金についても、通常の借入と変わらず、任意整理をすることが可能です。

 任意整理では、借入の理由は基本的に問題となりません。

(2)自己破産をする場合

 ソシャゲによる借金や、その他の理由による借金が大きく膨らんでしまった場合は、自己破産の申立をすることも可能です。

 ただ、ソシャゲによる課金は、ギャンブルのようなものとして「射幸行為」とされ、「免責不許可事由」とされています。免責不許可事由とは、原則として免責(債務を返済しなくてよい状態にすること)が認められない事由として法律で規定されているものです。

 しかし、ソシャゲによる借金が過大ではなく、今後は自制していくことを誓約するなどによって、免責が認められる可能性は十分にあります。

 当事務所では、ソシャゲによる借金での自己破産を多数扱ってきた実績があり、いずれも免責が許可されています。

3 債務整理をすることで、ゲーム依存を治すきっかけになります

 債務整理をするとブラックリストに載るため、それ以降の一定期間はクレジットカードを作ることができなくなります。

 そのため、ソシャゲを利用する際にクレジットカード決済の登録ができなくなりますので、課金をすることもできなくなります。

 ソシャゲのやり過ぎや課金をやめたいと思ったり後悔していてもなかなか自制できない方の場合、債務整理をすることによりなかば強制的にゲームから離れることができますので、ゲーム依存を治すきっかけにもなります。

その他のコラム

家賃が払えない場合の対処法

1 家賃不払いは賃貸借契約の解除理由になる  家賃がどうしても支払えない場合、貸主(大家さん)に無断で支払いを遅らせてしまうことは絶対に避けるべきです。家賃の未払いは、賃貸借契約の解除理由となり、物件から退去しなければならなくなってしまいます。  一時的にどうしても支払えない場合は、貸主(大家さん)に事前に連絡し、いつまでに支払えるかを伝え、その日まで待ってもらえるようお願いしましょう

個人間融資のリスク

1 個人間融資の実態  近年、SNSやインターネット上の掲示板で、「個人間融資」と称してお金の貸し借りをするケースが増えています。  個人間融資とは、金融機関や貸金業者を介さずに個人間で金銭の貸し借りをするものです。SNSやインターネット上の掲示板で、「即日融資」とか「ブラックOK」などと書かれ、便利な方法と思えるかもしれません。  しかし、その実態は、個人を装ったヤミ金業者の温

当事務所ではご依頼者の希望を最優先に方針を考えます

1 借金問題の解決策は一つではありません  借金問題については、解決策は様々です。主な方法としては、無理のない金額で分割返済を継続する任意整理、借金を返済しなくてよい状態(免責)にする自己破産、債務を減額して返済する民事再生の手続きがありますが、それ以外にも、過払い金を回収して返済に充てたり、時効にかかっている債務について時効の援用をしたり、一括返済を前提に減額交渉をするなどの方法もあります

家族の借金問題

1 家族の借金でも相談できるか  債務整理のご相談では、ご自身の借金ではなく、家族の借金問題についてのご相談も多くあります。当事務所ではこのような相談ももちろん対応しております。  最も多いのは、親御さんが息子や娘の借金に気が付き、本人と話しても曖昧な返答しか返ってこないため心配になり、親御さんだけで相談にいらっしゃるケースです。  その他、妻や夫の借金を心配して相談にいらっしゃ

期限の利益とは

1 期限の利益とは  貸金業者などから借金をすると、通常、月々の分割返済となり、一括で返済する必要はありません。  このように、決められた返済期限まで返済しなくてよい利益を、期限の利益と言います。 2 期限の利益喪失事由  返済が滞ってしまうと、債権者から一括返済を求められることがあります。そのような状態を、期限の利益を喪失した、と言います。  貸金業者などからの借金

「今の苦しみから少しでも早く逃れたい」「どうしていいかわからない」
「家族にも相談しにくい」とお悩みのかたへ

安心の相談体制

初回
無料相談

経験豊富な
弁護士が対応

プライバシーに
配慮した相談室

電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く