夫婦で借金をしている場合 |調布・世田谷の弁護士による借金問題、債務整理相談

仙川総合法律事務所
電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く

夫婦で借金をしている場合

調布市で、夫婦で借金問題に悩んでいる方へ

1 夫婦共に借金をしているケースは多い

 弁護士がご相談を受ける借金問題において、夫婦が共に借金を抱えて返済に困っているというケースがあります。

 例えば、生活苦から始めは夫婦のどちかがキャッシングを始めたものの、限度枠いっぱいになってしまい、仕方なくもう一方の名義でもキャッシングするようになったり、夫婦でパチンコが趣味のためお金を使いすぎてしまったり、理由は様々ですが、夫婦揃って債務整理を行うケースは少なくありません。

 そして、夫婦は通常、一つの家計としてお金をやり繰りしていることが多いので、返済についても、家計が窮してしまうと、二人とも同時に返済に窮してしまうことになります。

2 夫婦が合わせて債務整理をするメリット

 夫婦であっても、別々の債務者ですので、債務整理の手続きは基本的には別々に行います。

 ただ、自己破産をする場合には、夫婦が同時に申立てを行うと、関連事件として、一連の手続きとして扱われることになるのが通常です。

 一連の手続きとして扱われる場合、破産管財人は同じ破産管財人が就きますし、債権者集会も同一日時に行われます。

 また、当事務所では、夫婦で自己破産のご依頼をいただく場合には、弁護士費用について、二名分の合計額よりも一部減額しております。

 このように、夫婦が合わせて手続きを行う場合、別々の時期に行うよりも負担が少なく済みます。

 何よりも、生活の再建のためには、夫婦としての家計を正常化することが必要ですので、そのためにもどちらか一方ではなく夫婦が合わせて債務整理をすることをお勧めします。

その他のコラム

不動産投資の失敗による借金の整理

1 不動産投資のリスク  不動産投資は、不動産を所有できるという点で、株取引や投資信託よりも安心感を持つ方もいるようです。  しかし、不動産投資には様々なリスクがあります。  まずは、想定通りの賃料で賃貸を継続することができるかどうかです。不動産は築年数が経つと一般的に賃料は低くなり、また、うまく賃借人が見つかるかどうかはその時の情勢にもよります。家賃保証などの契約もありますが、

家賃が払えない場合の対処法

1 家賃不払いは賃貸借契約の解除理由になる  家賃がどうしても支払えない場合、貸主(大家さん)に無断で支払いを遅らせてしまうことは絶対に避けるべきです。家賃の未払いは、賃貸借契約の解除理由となり、物件から退去しなければならなくなってしまいます。  一時的にどうしても支払えない場合は、貸主(大家さん)に事前に連絡し、いつまでに支払えるかを伝え、その日まで待ってもらえるようお願いしましょう

総量規制について

1 総量規制とは  借り過ぎ・貸し過ぎを防ぐために設けられている規制で、貸金業法に基づく制度です。  借主が返済期間内に完済することが合理的に見込まれない貸付を禁止しています。  具体的には、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合は、新たな借入はできなくなります。ここで言う収入とは、いわゆる手取りの額ではなく、税金や社会保険料なども含めた収入の総額です。  年収

法律事務所から督促状や警告書が届いた場合

1 借金の滞納について、法律事務所から書面が届く場合  借金の返済ができず滞納状態でいると、法律事務所から、返済を求める書面が届くことがあります。  法律事務所とは、弁護士の開設する事務所です。  書面の表題は、「警告書」「督促状」「通知書」など様々ですが、意味するところは同じです。  弁護士は、債権者の代理人となることができますので、債権者や債権回収会社から依頼をされて、

家族の借金をやめさせたい場合の方法~貸付自粛制度について

1 借金を繰り返してしまう方  借金について、一度家族に発覚して返済をさせたのに、また同じことを繰り返してしまうというケースは少なくありません。  借金をする理由は様々ありますが、なかには、浪費などの理由によって、本来する必要のない借金を何度も繰り返してしまう方もいます。  そのような場合、借金の原因によっては、カウンセリングなどによって根本的な問題に向き合っていくことも重要です

「今の苦しみから少しでも早く逃れたい」「どうしていいかわからない」
「家族にも相談しにくい」とお悩みのかたへ

安心の相談体制

初回
無料相談

経験豊富な
弁護士が対応

プライバシーに
配慮した相談室

電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く