督促状が来ない場合の理由や対応について |調布・世田谷の弁護士による借金問題、債務整理相談

仙川総合法律事務所
電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く

督促状が来ない場合の理由や対応について

1 督促状が来ない=支払わなくてよい、ではない

 クレジットカードのリボ払いやキャッシングで返済が苦しくなり、滞納状態になってしまったのに、なぜかあるときから督促状が来なくなった、というケースは少なくありません。

 督促状が来ない理由としては、債務者が転居したため、債権者(貸金業者など)が債務者の住所を把握していない場合や、訴訟提起の準備に入っている場合、債権回収会社への債権譲渡の手続中の場合などが考えられます。

 理由は何であれ、債権者が回収を諦めたわけではありません。数年経ってから突然、再び督促が来るようになったり、ある日いきなり裁判所から訴状が届いたりすることもあります。

2 差押えのリスク

 上記のとおり、督促状が来ないと思っていたら、ある日突然、裁判所から訴状が届くというケースがあります。これは、借金の滞納について返済を求める民事訴訟が起こされたためです。

 裁判を放置してしまうと、債権者の請求通りの判決が出されます。

 そして、判決が出ると、債権者は、債務者の財産を差し押さえることができる状態になります。従って、給与や預貯金などが差し押さえられてしまう可能性があります。

 給与が差し押さえられた場合、裁判所から勤務先に書面が届きますので、勤務先にも、負債があることが知られてしまいます。

3 督促状が届かない状態でも債務整理ができる

 しばらく督促状が来ないからといってそのまま放置してしまうと、いずれ裁判を起こされたり財産を差し押さえられたりというリスクを背負っていなければなりません。そのような状態は、心のどこかで不安を抱えたままとなり精神的にも負担となります。

 督促状が来ない状態でも、その負債について、任意整理や自己破産などの債務整理を行うことが可能です。

 放置して不安なまま過ごすよりも、きちんと精算して気持ちをクリアにしましょう。

その他のコラム

裁判所から訴状が届いた場合

1 借金の滞納を続けると裁判を起こされるリスクがある  借金の返済が滞ってしまっている場合でも、すぐに業者が裁判を起こしてくることはあまりありません。  しかし、返済を全くしない状態が長期間続くと、裁判を起こされることがあります。貸金業者にとって、返済しない状態を放置してしまうと時効によって消滅してしまうリスクがあるため、時効を中断させるために裁判手続きを取ることがあります。 2

法律事務所から督促状や警告書が届いた場合

1 借金の滞納について、法律事務所から書面が届く場合  借金の返済ができず滞納状態でいると、法律事務所から、返済を求める書面が届くことがあります。  法律事務所とは、弁護士の開設する事務所です。  書面の表題は、「警告書」「督促状」「通知書」など様々ですが、意味するところは同じです。  弁護士は、債権者の代理人となることができますので、債権者や債権回収会社から依頼をされて、

婚約者の借金が発覚した場合

1 婚約者の借金が発覚した場合にやるべきこと  婚約中、婚約相手に借金があることが突然わかった場合、驚き戸惑うことが通常かと思います。  しかし、感情的になるばかりでは問題は解決できません。これから結婚して夫婦としてやっていくのであれば、借金の問題についても相手任せにせず、きちんと情報を共有して対応していくべきです。具体的には、以下の対応が必要です。 ① 借金の総額や返済額を把握

ギャンブルによる借金

1 ギャンブルによる借金  パチンコやスロット、競馬などのギャンブルによって借金をしてしまい、気が付いたら多額の残高で返しきれなくなっていたという方は少なくありません。  多くの場合、パチンコやスロット、競馬などで一度に多額のお金を使うわけではなく、少額のお金を複数回に分けて日常的に使っているため、それほど大きな危機感を持たないまま、ギャンブルと借金を続けてしまうようです。  し

アイドルの追っかけによる借金

1 アイドルの追っかけは散財しやすい  アイドルが好きで、ライブチケットやコンサートグッズ、交通費、雑誌やCDの購入などで多くのお金を使ってしまう人は多いようです。  あるアンケート調査によると、「オタク」のなかでも、アイドルオタクが最も支出が多いそうです。  アイドルの追っかけのための支出が、収入の範囲内でやり繰りできているのであれば何も問題ありませんが、なかには「もっともっと

「今の苦しみから少しでも早く逃れたい」「どうしていいかわからない」
「家族にも相談しにくい」とお悩みのかたへ

安心の相談体制

初回
無料相談

経験豊富な
弁護士が対応

プライバシーに
配慮した相談室

電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く