不動産投資の失敗による借金の整理 |調布・世田谷の弁護士による借金問題、債務整理相談

仙川総合法律事務所
電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く

不動産投資の失敗による借金の整理

1 不動産投資のリスク

 不動産投資は、不動産を所有できるという点で、株取引や投資信託よりも安心感を持つ方もいるようです。

 しかし、不動産投資には様々なリスクがあります。

 まずは、想定通りの賃料で賃貸を継続することができるかどうかです。不動産は築年数が経つと一般的に賃料は低くなり、また、うまく賃借人が見つかるかどうかはその時の情勢にもよります。家賃保証などの契約もありますが、一定期間の空室については免責の対象になっていたり、期待したほどに賃料が得られず保証会社とトラブルになるケースも少なくありません。

 また、賃借人とのトラブル(賃料滞納、居室内設備に関するクレームなど)には賃貸人として対応しなければなりませんし、修繕費や管理費などの支出もあります。

2 不動産投資による借金は返済できなくなるリスクが高い

 一般の方が不動産投資をする場合、融資を受けて不動産を購入することがほとんどです。不動産投資のための融資は、住宅ローンは使えませんので、利息も決して低くありません。

 そして、その融資の返済は、不動産を賃貸して得られる賃料収入によって行っていく計画が立てられることが一般です。しかし、上記のとおり、不動産投資が計画通りにいかないリスクがあり、そのリスクが顕在化すると途端に資金繰りがショートしてしまい、一度でも返済が滞ってしまうと期限の利益を喪失し、一括返済を求められるケースもあります。

 不動産投資のための融資は高額なことが多いため、計画通りに返済できない状態になってしまった場合の計画変更は容易ではありません。

3 不動産投資のための借金の債務整理

 不動産投資のための融資について返済ができなくなってしまった場合は、任意整理や自己破産などの債務整理を行うことが可能です。

 不動産を手放す場合には、競売よりも任意売却のほうが高く売却できますので、早めに任意売却を検討すべきです。

 当事務所では、債務整理だけでなく、不動産問題についても多数の実績がありますので、投資対象の不動産に関連する問題についても対応することが可能です。

 まずはお気軽にご相談ください。

その他のコラム

弁護士と司法書士の違い

1 任意整理や破産など、債務整理を検討してインターネットで検索をしていると、弁護士事務所と司法書士事務所のホームページが混在していて、どちらに依頼すべきか迷う方も多いのではないでしょうか。  今回は、弁護士と司法書士の違いについてご説明します。 2 まず、弁護士とは、法律専門家であり、依頼者の代理人として交渉をしたり、訴訟をしたりすることができる専門職です。司法書士は、不動産や会社など

期限の利益とは

1 期限の利益とは  貸金業者などから借金をすると、通常、月々の分割返済となり、一括で返済する必要はありません。  このように、決められた返済期限まで返済しなくてよい利益を、期限の利益と言います。 2 期限の利益喪失事由  返済が滞ってしまうと、債権者から一括返済を求められることがあります。そのような状態を、期限の利益を喪失した、と言います。  貸金業者などからの借金

借金問題について弁護士に相談するべきタイミング

調布市で借金問題にお悩みの方へ 1 返済が苦しいと感じたら相談を  クレジットカードを利用してショッピングをしたり、その支払いについてリボ払いを利用したり、時には生活費の不足をキャッシングしたりということは、現代社会では決してめずらしいことではありません。  しかし、リボ払いやキャッシングは、手数料や利息がかかり、その金額も決して安いものではありません。そのため、気が付いたら、元

法律事務所から督促状や警告書が届いた場合

1 借金の滞納について、法律事務所から書面が届く場合  借金の返済ができず滞納状態でいると、法律事務所から、返済を求める書面が届くことがあります。  法律事務所とは、弁護士の開設する事務所です。  書面の表題は、「警告書」「督促状」「通知書」など様々ですが、意味するところは同じです。  弁護士は、債権者の代理人となることができますので、債権者や債権回収会社から依頼をされて、

買い物による借金

1 買い物依存症と借金  ストレスが溜まるとついつい買い物をして発散をしてしまうことはよくある話です。  そのような買い物も、家計を圧迫しない限りは何も問題ありませんが、クレジットカードを利用してリボ払いを重ねてしまったり、その支払いのためにキャッシングをしてしまったりするようになると問題です。そのような状態になっても買い物がやめられない場合、いわゆる買い物依存の状態になっているのかも

「今の苦しみから少しでも早く逃れたい」「どうしていいかわからない」
「家族にも相談しにくい」とお悩みのかたへ

安心の相談体制

初回
無料相談

経験豊富な
弁護士が対応

プライバシーに
配慮した相談室

電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く