アイドルの追っかけによる借金 |調布・世田谷の弁護士による借金問題、債務整理相談

仙川総合法律事務所
電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く

アイドルの追っかけによる借金

1 アイドルの追っかけは散財しやすい

 アイドルが好きで、ライブチケットやコンサートグッズ、交通費、雑誌やCDの購入などで多くのお金を使ってしまう人は多いようです。

 あるアンケート調査によると、「オタク」のなかでも、アイドルオタクが最も支出が多いそうです。

 アイドルの追っかけのための支出が、収入の範囲内でやり繰りできているのであれば何も問題ありませんが、なかには「もっともっと」という欲求が抑えきれず、借金を重ねてしまう人もいます。

2 アイドルの追っかけによる借金の債務整理

(1)任意整理

 任意整理は、弁護士が代理人として貸金業者などの債権者と交渉し、その後の利息を無しにしたうえで生活に無理のない分割返済を合意するものです。

 任意整理の場合は、借金の理由は基本的に問題になりません。

 ただし、あくまで元金はそのまま返済をしていくことになりますので、借金が多額にのぼってしまい、完済の目途が立てられない状態になってしまっている場合は任意整理はできません。

(2)自己破産

 どうしても借金を返せない場合は、自己破産の申立をします。

 ただ、アイドルの追っかけによって借金を重ねてしまった場合、「浪費」として免責不許可事由にあたります。免責不許可事由とは、原則として免責(借金を返さなくてよい状態)が認められません。

 しかし、これまでの浪費を反省し、今後は収入の範囲内で生活することを誓約するなどの方法により、免責を得られる可能性は十分にあります。

 なお、破産にあたって、それまで収集したアイドルグッズを手放さなければならないかどうかは、そのグッズに財産的価値があるかどうかによります。一般の市場で一定の価値で売却できる場合には、基本的には処分する必要があります。ただ、通常はそのような処分の対象になるアイドルグッズはあまり多くないでしょうから、大半のアイドルグッズは手元に残せる可能性が高いと思われます。

 具体的に心配なことがある場合には、遠慮なく弁護士にご相談ください。

その他のコラム

特定調停について

1 特定調停とは  債務整理の方法の一つに、特定調停という手続きがあります。  特定調停とは、債務の返済ができなくなるおそれのある債務者(特定債務者)の経済的再生を図るため、特定債務者が負っている金銭債務に係る利害関係の調整を行うことを目的とする手続きです。  特定調停は、簡易裁判所で行われます。 2 特定調停の流れ  特定調停の手続きでは、通常はまず申立てをした債務

年金は差し押さえられるか

1 年金は差押禁止  法律上、年金受給権は原則として差押が禁止されています。  年金は、日々の生活のための費用であるため、差押が禁止されているのです。  ただし、税金の滞納をしている場合には、例外的に一定の範囲で年金の差押えが認められていますので注意してください。 2 口座に入金された年金は差し押さえできる  年金の受給権については原則として差押えが禁止されていますが

婚約者の借金が発覚した場合

1 婚約者の借金が発覚した場合にやるべきこと  婚約中、婚約相手に借金があることが突然わかった場合、驚き戸惑うことが通常かと思います。  しかし、感情的になるばかりでは問題は解決できません。これから結婚して夫婦としてやっていくのであれば、借金の問題についても相手任せにせず、きちんと情報を共有して対応していくべきです。具体的には、以下の対応が必要です。 ① 借金の総額や返済額を把握

給料ファクタリングにご注意ください

1 給料ファクタリングとは  給料ファクタリングとは、利用者が勤務先の会社に対して有している将来の給与債権を、給料ファクタリング業者が買い取り、賃金債権(の一部)の譲渡を受けたという形式で、資金融通サービスを行うものです。  つまり、一定期間、事実上の給与の前借りができるのと同じ状態になりますので、一見便利なサービスに思えます。  しかし、利用者は、手数料の名目で利息制限法(年率

ギャンブルによる借金

1 ギャンブルによる借金  パチンコやスロット、競馬などのギャンブルによって借金をしてしまい、気が付いたら多額の残高で返しきれなくなっていたという方は少なくありません。  多くの場合、パチンコやスロット、競馬などで一度に多額のお金を使うわけではなく、少額のお金を複数回に分けて日常的に使っているため、それほど大きな危機感を持たないまま、ギャンブルと借金を続けてしまうようです。  し

「今の苦しみから少しでも早く逃れたい」「どうしていいかわからない」
「家族にも相談しにくい」とお悩みのかたへ

安心の相談体制

初回
無料相談

経験豊富な
弁護士が対応

プライバシーに
配慮した相談室

電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く