借金問題について弁護士に相談するべきタイミング |調布・世田谷の弁護士による借金問題、債務整理相談

仙川総合法律事務所
電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く

借金問題について弁護士に相談するべきタイミング

調布市で借金問題にお悩みの方へ

1 返済が苦しいと感じたら相談を

 クレジットカードを利用してショッピングをしたり、その支払いについてリボ払いを利用したり、時には生活費の不足をキャッシングしたりということは、現代社会では決してめずらしいことではありません。

 しかし、リボ払いやキャッシングは、手数料や利息がかかり、その金額も決して安いものではありません。そのため、気が付いたら、元金がどんどん膨らんでしまい、客観的に到底返済ができない金額になってしまっていることがあります。

 それでも、カードの利用がごく一般的になってしまっていることもあり、弁護士に相談に行くほどの状況になっているとは、自分ではなかなか気が付けないものです。しかし、毎月毎月返済のために神経をすり減らす状態に陥ってしまっているのであれば、その状況は改善すべきです。

 返済が苦しい、毎月カードの引落し日を乗り越えることで頭がいっぱいになっているという方は、すぐに弁護士に相談してください。借金に生活を支配されてしまう日々を清算し、人生を再スタートしましょう。

2 弁護士に相談すべきか、司法書士に相談すべきか

 借金問題を専門家に相談しようと思ってインターネットを検索すると、弁護士事務所だけでなく、司法書士事務所の情報もたくさん出てくるため、いったいどちらに相談すべきか迷う方も多いかと思います。

 まず、司法書士は債権額が140万円以下の場合でしか交渉や訴訟を行うことは認められていません。従って、これらの額を超える場合には、弁護士しか取り扱うことができません。

 また、破産手続きや民事再生にあたっては、司法書士は代理人となることができず、あくまで書類作成の援助を行うだけですので、裁判所とのやり取りなどは全て依頼者ご自身が行わなければなりません。

 このような専門的な手続きを一般の方がご自身で行うのは大きな負担があります。

 当事務所に債務整理の依頼をなさる方のなかには、一度は司法書士に依頼したにもかかわらず、上記のような事情もあり、司法書士では対応しきれず、結局弁護士に依頼することになったという方が少なくありません。そのような場合、依頼者にとっては、司法書士の費用と弁護士の費用を二重に負担することになるだけでなく、解決までの時間も余分にかかってしまいます。

 当事務所では、債務整理案件について全て弁護士が一貫して対応致しますので、安心してお任せください。

その他のコラム

個人間融資のリスク

1 個人間融資の実態  近年、SNSやインターネット上の掲示板で、「個人間融資」と称してお金の貸し借りをするケースが増えています。  個人間融資とは、金融機関や貸金業者を介さずに個人間で金銭の貸し借りをするものです。SNSやインターネット上の掲示板で、「即日融資」とか「ブラックOK」などと書かれ、便利な方法と思えるかもしれません。  しかし、その実態は、個人を装ったヤミ金業者の温

当事務所ではご依頼者の希望を最優先に方針を考えます

1 借金問題の解決策は一つではありません  借金問題については、解決策は様々です。主な方法としては、無理のない金額で分割返済を継続する任意整理、借金を返済しなくてよい状態(免責)にする自己破産、債務を減額して返済する民事再生の手続きがありますが、それ以外にも、過払い金を回収して返済に充てたり、時効にかかっている債務について時効の援用をしたり、一括返済を前提に減額交渉をするなどの方法もあります

特定調停について

1 特定調停とは  債務整理の方法の一つに、特定調停という手続きがあります。  特定調停とは、債務の返済ができなくなるおそれのある債務者(特定債務者)の経済的再生を図るため、特定債務者が負っている金銭債務に係る利害関係の調整を行うことを目的とする手続きです。  特定調停は、簡易裁判所で行われます。 2 特定調停の流れ  特定調停の手続きでは、通常はまず申立てをした債務

夫婦で借金をしている場合

調布市で、夫婦で借金問題に悩んでいる方へ 1 夫婦共に借金をしているケースは多い  弁護士がご相談を受ける借金問題において、夫婦が共に借金を抱えて返済に困っているというケースがあります。  例えば、生活苦から始めは夫婦のどちかがキャッシングを始めたものの、限度枠いっぱいになってしまい、仕方なくもう一方の名義でもキャッシングするようになったり、夫婦でパチンコが趣味のためお金を使いす

買い物による借金

1 買い物依存症と借金  ストレスが溜まるとついつい買い物をして発散をしてしまうことはよくある話です。  そのような買い物も、家計を圧迫しない限りは何も問題ありませんが、クレジットカードを利用してリボ払いを重ねてしまったり、その支払いのためにキャッシングをしてしまったりするようになると問題です。そのような状態になっても買い物がやめられない場合、いわゆる買い物依存の状態になっているのかも

「今の苦しみから少しでも早く逃れたい」「どうしていいかわからない」
「家族にも相談しにくい」とお悩みのかたへ

安心の相談体制

初回
無料相談

経験豊富な
弁護士が対応

プライバシーに
配慮した相談室

電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く