弁護士に相談する前に準備しておくべきこと |調布・世田谷の弁護士による借金問題、債務整理相談

仙川総合法律事務所
電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く

弁護士に相談する前に準備しておくべきこと

調布市で借金問題でお悩みの方へ

1 直接面談をしましょう

 借金について悩んでおり弁護士に相談しようと考える方の多くは、最近ではまずはインターネットで情報収集をします。

 事務所によっては、電話相談やメール相談を受け付けている事務所もあり、まずはそのような方法で相談するのが気軽で良いと考える方もいるかもしれません。

 もちろん、電話相談やメール相談が悪いわけではありません。しかし、事務所によっては、電話やメール相談の段階では、弁護士ではないオペレーターが形式的な問答をするだけという事務所もあるようです。また、弁護士に直接相談ができたとしても、実際に依頼をするかどうかは、やはり直接会ってみたうえで、信頼できる弁護士かどうか、自分との相性はどうか、本当に親身になってくれるかどうかを判断しなければなりません。

 ご自分の人生の大切な局面のご相談ですので、弁護士とのご相談は直接面談することをお勧めします。

2 相談にあたって用意すること

 弁護士に相談するに際して、何をどう話したらよいのか、あるいは何を用意しておけばいいのかと心配される方もいらっしゃるかと思います。

 借金問題については、まずは、現在、ご自分がどこの業者からそれぞれいくら借りているのかを伝えることが必要です。また、月々の返済がどの程度か、収入とのバランスについても伝えられるようにしておきましょう。これらの話をするにあたって、貸金業者等からの督促状などがあれば持参しましょう。また、発行されているカードも持参します。紛失したり手元にない場合は、持参しなくても問題はありません。

 そのうえで、任意整理や自己破産など、どのような方法で債務整理を行うのが良いかを判断するために、借入をした経緯やご自身の希望なども伝えられるようにイメージしておくと相談がスムーズに進みます。

3 気負わず相談を

 弁護士に相談する際に用意しておいたほうが良いことをご紹介しましたが、実際には、特に何も用意していなくても全く問題ありません。

 当事務所では、債務整理に多数の実績がある弁護士が、必要なことをきちんとお聞きしますので、とにかく、辛い状況をゆだねるお気持ちでお越しいただければと思います。

その他のコラム

エステや脱毛サロンなどの分割払いと借金問題

1 分割払いも借金です  最近では、エステや脱毛サロンで、1回の利用ではなくコース利用を勧め、その支払いを分割払いで契約するというケースが少なくありません。  利用者にとっても、毎月の支払額が少なく済むため、便利な面もあります。しかし、分割払いというのは、契約時に全額の支払義務が発生するところ、支払期限を長く設定してもらって返済していくことにする契約であり、借金と同様です。そのため、通

夫/妻の借金が発覚した場合

1 夫や妻の借金が発覚した場合に対処すべきこと  夫や妻が内緒で借金をしていたことが発覚した場合、往々にして、本人は借入残高の総額や内訳などを明らかにしようとしません。そして、「大丈夫。自分でなんとかするから。」などと言われ、それ以上追及できないまま、心配だけ重ねている方が少なくありません。  しかしながら、貸金業者などからの借入は、利息も高く、毎月約定通りに返済をしていたとしてもなか

家族の借金相談

1 家族の借金問題について  夫や妻、子どもなど、家族が借金していることが発覚した場合、家族としてはとても心配になります。  法律上、家族といえども自分以外の人が借りた借金について責任を負うことはありません(保証をしていない限り、返済義務がありません)。  しかし、借金を抱えたままでは生活に様々な支障が生じる可能性があり、家族として心配になるのは当然のことです。 2 家族が

年金は差し押さえられるか

1 年金は差押禁止  法律上、年金受給権は原則として差押が禁止されています。  年金は、日々の生活のための費用であるため、差押が禁止されているのです。  ただし、税金の滞納をしている場合には、例外的に一定の範囲で年金の差押えが認められていますので注意してください。 2 口座に入金された年金は差し押さえできる  年金の受給権については原則として差押えが禁止されていますが

アルコール依存と借金

1 アルコール依存から借金をしてしまう理由  実際の債務整理の案件で、借金のきっかけがアルコール依存だったという方はめずらしくありません。  アルコール依存の場合、酒代として多額のお金を使ってしまうのはもちろんのこと、仕事に影響が出てしまい収入が不安定になったり、場合によっては退職せざるを得なくなってしまうこともあるため、生活費の不足を借金で賄うようになってしまうのです。 2 ア

「今の苦しみから少しでも早く逃れたい」「どうしていいかわからない」
「家族にも相談しにくい」とお悩みのかたへ

安心の相談体制

初回
無料相談

経験豊富な
弁護士が対応

プライバシーに
配慮した相談室

電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く