家族の借金相談 |調布・世田谷の弁護士による借金問題、債務整理相談

仙川総合法律事務所
電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く

家族の借金相談

1 家族の借金問題について

 夫や妻、子どもなど、家族が借金していることが発覚した場合、家族としてはとても心配になります。

 法律上、家族といえども自分以外の人が借りた借金について責任を負うことはありません(保証をしていない限り、返済義務がありません)。

 しかし、借金を抱えたままでは生活に様々な支障が生じる可能性があり、家族として心配になるのは当然のことです。

2 家族が弁護士に相談することも可能です

 借金問題について、まずは本人ときちんと話をすることが必要ですが、本人があいまいな対応しかしなかったり、話を聞こうとしないような場合、家族の方が弁護士に相談をすることも可能です。

 その際は、借金の総額や本人の収入や生活状況などを把握しておいたほうが、具体的なアドバイスを受けることができます。

3 弁護士に依頼ができるのは本人だけ

 ご相談は家族の方でも可能ですが、任意整理や自己破産など、債務整理として正式に依頼をするにあたっては、必ず本人から弁護士に依頼をしなければなりません。

 本人がなかなか自分から動こうとしない場合には、まずは家族の方が弁護士に相談をしてみたうえで、本人に対して相談結果を伝え、借金問題が解決できる道筋を具体的に示すことで、弁護士に依頼をしてみようと考えることも少なくありません。家族の借金問題で悩んでいる方は、まずは弁護士に相談することをお勧めします。

その他のコラム

裁判所から訴状が届いた場合

1 借金の滞納を続けると裁判を起こされるリスクがある  借金の返済が滞ってしまっている場合でも、すぐに業者が裁判を起こしてくることはあまりありません。  しかし、返済を全くしない状態が長期間続くと、裁判を起こされることがあります。貸金業者にとって、返済しない状態を放置してしまうと時効によって消滅してしまうリスクがあるため、時効を中断させるために裁判手続きを取ることがあります。 2

亡くなった人の債務について督促が来た場合の対応

1 遺産を取得しない場合は相続放棄の手続を  例えば、疎遠にしていた父親が亡くなった後に突然、父親が借りていた借金についての督促状が、その方の子どもに届くということがあります。  これは、子どもは親の法定相続人であるため、亡くなった親に借金が残っていた場合、その負債を法定相続分に従って相続することになるためです。  亡くなった方(被相続人)が、借金だけでなくプラスの財産も残してお

期限の利益とは

1 期限の利益とは  貸金業者などから借金をすると、通常、月々の分割返済となり、一括で返済する必要はありません。  このように、決められた返済期限まで返済しなくてよい利益を、期限の利益と言います。 2 期限の利益喪失事由  返済が滞ってしまうと、債権者から一括返済を求められることがあります。そのような状態を、期限の利益を喪失した、と言います。  貸金業者などからの借金

会社の破産と取締役の破産

1 会社(法人)と代表取締役が同時に破産する場合  会社が破産する場合、多くの場合は代表取締役も自己破産をすることが多いです。  理由は、会社が金融機関から融資を受ける際、代表取締役が連帯保証をしているため、会社が破産をすると代表取締役が返済を求められることになり、その支払義務を免れる必要があるケースが多いためです。  この場合、あくまで2件(法人・個人)の破産事件として裁判所に

法律事務所から督促状や警告書が届いた場合

1 借金の滞納について、法律事務所から書面が届く場合  借金の返済ができず滞納状態でいると、法律事務所から、返済を求める書面が届くことがあります。  法律事務所とは、弁護士の開設する事務所です。  書面の表題は、「警告書」「督促状」「通知書」など様々ですが、意味するところは同じです。  弁護士は、債権者の代理人となることができますので、債権者や債権回収会社から依頼をされて、

「今の苦しみから少しでも早く逃れたい」「どうしていいかわからない」
「家族にも相談しにくい」とお悩みのかたへ

安心の相談体制

初回
無料相談

経験豊富な
弁護士が対応

プライバシーに
配慮した相談室

電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く