当事務所ではご依頼者の希望を最優先に方針を考えます |調布・世田谷の弁護士による借金問題、債務整理相談

仙川総合法律事務所
電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く

当事務所ではご依頼者の希望を最優先に方針を考えます

1 借金問題の解決策は一つではありません

 借金問題については、解決策は様々です。主な方法としては、無理のない金額で分割返済を継続する任意整理、借金を返済しなくてよい状態(免責)にする自己破産、債務を減額して返済する民事再生の手続きがありますが、それ以外にも、過払い金を回収して返済に充てたり、時効にかかっている債務について時効の援用をしたり、一括返済を前提に減額交渉をするなどの方法もあります。

2 様々な依頼者の要望に応えます

 借金の解決方法は上に書いたように様々な選択肢があります。当事務所では、ご相談者の方の借金の総額や返済状況、収入などの生活状況をお聞きしたうえで、何が最も良い解決方法かご提案します。

 ただ、弁護士が提案する最善の方法と、ご依頼者の望む方法が常に一致するとは限りません。例えば、客観的状況からは、自己破産が最適と思われる状況でも、ご本人はどうしてもきちんと返済していきたいという思いを強く持っていたり、あるいは、誰かに知られる可能性を絶対にゼロにしたいという強い希望を持っているような場合もあります。当事務所では、そのようなご本人の希望をよく伺ったうえで、ご本人の希望に最も沿う形での解決策を一緒に考え、ご提案します。

3 一人の弁護士が最初から最後まで対応します

 債務整理の案件でも、ご依頼者の方のご希望や考え方は様々です。当事務所では、そのようなご依頼者のお気持ちに丁寧に寄り添った事件処理を心掛け、ご相談から事件解決まで、一人の弁護士が責任をもって対応します。事務所によっては途中で弁護士が交代したり、対応の多くを事務員が行ったりすることもあるようですが、当事務所ではそのようなことはありません。

 債務整理の案件についても、依頼者の方と気持ちの通った関係を築き、安心してお任せいただけるよう心掛けています。

その他のコラム

法律事務所から督促状や警告書が届いた場合

1 借金の滞納について、法律事務所から書面が届く場合  借金の返済ができず滞納状態でいると、法律事務所から、返済を求める書面が届くことがあります。  法律事務所とは、弁護士の開設する事務所です。  書面の表題は、「警告書」「督促状」「通知書」など様々ですが、意味するところは同じです。  弁護士は、債権者の代理人となることができますので、債権者や債権回収会社から依頼をされて、

会社の破産と取締役の破産

1 会社(法人)と代表取締役が同時に破産する場合  会社が破産する場合、多くの場合は代表取締役も自己破産をすることが多いです。  理由は、会社が金融機関から融資を受ける際、代表取締役が連帯保証をしているため、会社が破産をすると代表取締役が返済を求められることになり、その支払義務を免れる必要があるケースが多いためです。  この場合、あくまで2件(法人・個人)の破産事件として裁判所に

年金は差し押さえられるか

1 年金は差押禁止  法律上、年金受給権は原則として差押が禁止されています。  年金は、日々の生活のための費用であるため、差押が禁止されているのです。  ただし、税金の滞納をしている場合には、例外的に一定の範囲で年金の差押えが認められていますので注意してください。 2 口座に入金された年金は差し押さえできる  年金の受給権については原則として差押えが禁止されていますが

家賃が払えない場合の対処法

1 家賃不払いは賃貸借契約の解除理由になる  家賃がどうしても支払えない場合、貸主(大家さん)に無断で支払いを遅らせてしまうことは絶対に避けるべきです。家賃の未払いは、賃貸借契約の解除理由となり、物件から退去しなければならなくなってしまいます。  一時的にどうしても支払えない場合は、貸主(大家さん)に事前に連絡し、いつまでに支払えるかを伝え、その日まで待ってもらえるようお願いしましょう

督促状が来ない場合の理由や対応について

1 督促状が来ない=支払わなくてよい、ではない  クレジットカードのリボ払いやキャッシングで返済が苦しくなり、滞納状態になってしまったのに、なぜかあるときから督促状が来なくなった、というケースは少なくありません。  督促状が来ない理由としては、債務者が転居したため、債権者(貸金業者など)が債務者の住所を把握していない場合や、訴訟提起の準備に入っている場合、債権回収会社への債権譲渡の手続

「今の苦しみから少しでも早く逃れたい」「どうしていいかわからない」
「家族にも相談しにくい」とお悩みのかたへ

安心の相談体制

初回
無料相談

経験豊富な
弁護士が対応

プライバシーに
配慮した相談室

電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く