エステや脱毛サロンなどの分割払いと借金問題 |調布・世田谷の弁護士による借金問題、債務整理相談

仙川総合法律事務所
電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く

エステや脱毛サロンなどの分割払いと借金問題

1 分割払いも借金です

 最近では、エステや脱毛サロンで、1回の利用ではなくコース利用を勧め、その支払いを分割払いで契約するというケースが少なくありません。

 利用者にとっても、毎月の支払額が少なく済むため、便利な面もあります。しかし、分割払いというのは、契約時に全額の支払義務が発生するところ、支払期限を長く設定してもらって返済していくことにする契約であり、借金と同様です。そのため、通常は利息や手数料が発生しますし、支払いが遅れてしまうと遅延損害金もかかります。毎月返済をしていても、利息や手数料に充てられる部分が多く、元金がなかなか減らず、契約したコースはとっくに終わっているのに返済だけが残ってしまうこともあります。

2 債務整理をすることが可能です

 エステや脱毛サロンの分割払いも借金と同様ですので、返済が苦しい場合には債務整理をすることが可能です。

 他にも借金がある場合は、自己破産をすることで返済を免れることもできます。エステや脱毛サロンのための負債の場合、浪費にあたるものとして免責不許可事由があるとされる可能性が高いですが、十分に反省し、今後生活を再建する意思と状況があれば、免責をしてもらえる可能性は十分にあります。

3 分割払いの契約は慎重に。どうしても困ったときには弁護士に相談を

 一見便利に思える分割払いですが、本当にそのコースでの契約が必要か、自分の収入に見合ったものか、返済の予定など、くれぐれも慎重に判断するようにしましょう。

 契約後、返済に困ってしまったときには、無理をせず弁護士に相談することをお勧めします。

その他のコラム

破産管財人とは

1 破産管財人とは  破産管財人とは、破産手続において破産財団に属する財産の管理及び処分をする権利を有する者を言います(破産法第2条12号)。具体的には、破産裁判所の指導・監督の下、破産手続きにおいて破産財産に属する財産の管理及び処分をする権利を有し、破産債権者に対する弁済や配当等も行います。 2 破産管財人の資格  通常は、当該破産手続きに利害関係のない弁護士が裁判所により選任

家族の借金をやめさせたい場合の方法~貸付自粛制度について

1 借金を繰り返してしまう方  借金について、一度家族に発覚して返済をさせたのに、また同じことを繰り返してしまうというケースは少なくありません。  借金をする理由は様々ありますが、なかには、浪費などの理由によって、本来する必要のない借金を何度も繰り返してしまう方もいます。  そのような場合、借金の原因によっては、カウンセリングなどによって根本的な問題に向き合っていくことも重要です

手形の不渡りを回避する方法

調布市の事業者で手形決済にお困りの方 1 不渡りとは  手形の不渡り(ふわたり)とは、手形や小切手を振り出した債務者に対し、支払人が支払呈示をしたにも関わらず、支払われないことを言います。  不渡事故を起こすと、手形交換所規則によって、交換所から全ての加盟金融機関に対して通知がなされますので、金融機関とのその後の取引に重大な支障を生じます。  さらに、6か月以内に2度目の不

買い物による借金

1 買い物依存症と借金  ストレスが溜まるとついつい買い物をして発散をしてしまうことはよくある話です。  そのような買い物も、家計を圧迫しない限りは何も問題ありませんが、クレジットカードを利用してリボ払いを重ねてしまったり、その支払いのためにキャッシングをしてしまったりするようになると問題です。そのような状態になっても買い物がやめられない場合、いわゆる買い物依存の状態になっているのかも

アルコール依存と借金

1 アルコール依存から借金をしてしまう理由  実際の債務整理の案件で、借金のきっかけがアルコール依存だったという方はめずらしくありません。  アルコール依存の場合、酒代として多額のお金を使ってしまうのはもちろんのこと、仕事に影響が出てしまい収入が不安定になったり、場合によっては退職せざるを得なくなってしまうこともあるため、生活費の不足を借金で賄うようになってしまうのです。 2 ア

「今の苦しみから少しでも早く逃れたい」「どうしていいかわからない」
「家族にも相談しにくい」とお悩みのかたへ

安心の相談体制

初回
無料相談

経験豊富な
弁護士が対応

プライバシーに
配慮した相談室

電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く