カードローンでお困りの方へ |調布・世田谷の弁護士による借金問題、債務整理相談

仙川総合法律事務所
電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く

カードローンでお困りの方へ

調布市でカードローン返済の相談先を探している方へ

1 カードローンの返済が苦しくなってしまったら無理せず相談を

 昨今のキャッシュレス化に伴い、以前にも増してクレジットカードを利用する機会が増えているようです。

 クレジットカードの利用は、通常、ショッピングでの利用と、キャッシングの利用があります。最近では、ショッピングでの利用にリボ払いを利用することによって、気が付いたら残高が増える一方だったということも珍しくありません。その支払いのためにキャッシングをして、自転車操業に陥ってしまうケースもあります。

 毎月毎月返済をしていても、リボ払いの手数料やキャッシングの利息が高いため、残高が一向に減らず、生活が苦しくなってしまっている方は、早めに相談して生活を立て直す必要があります。

2 任意整理による方法

 債務整理の方法の一つとして、任意整理という手段があります。任意整理とは、弁護士が代理人となって、貸金業者と借金の減額や支払方法の変更を交渉するものです。通常、支払方法を合意した後の利息は付かないため、元金を確実に減らすことができるのが大きなメリットです。

 ただ、他方で、任意整理はあくまで交渉ですので、整理ができる方法には限界があります。借入の額が大きく、分割であっても完済が困難な場合には破産などの他の方法を検討する必要があります。

3 自己破産について

 任意整理が難しい場合は、自己破産の方法があります。自己破産とは、裁判所に申立てを行い、免責許可を受けることによって、借金の返済義務を免除してもらう手続です。

 借金を返さなくてよいことになるという大きな効果を得ることが出来る手続きですが、デメリットとして、一定の価値のある所有財産は手放さなければなりません。従って、自宅不動産を所有しており、それを手放したくないというような方には向きません。

4 ご相談者の方の状況に応じて適切な方法をアドバイスします

 カードローンの整理方法として代表的なものは上記のとおり任意整理と自己破産ですが、自宅を持っており手放したくないという方には民事再生という方法もあります。

 どの手続が最適かは、ご相談者の方の借入の額や収入状況、ご本人の希望などによって異なります。

 当事務所では、どの手続きについても多数の実績があり、その方に最も適した整理方法を提案することが可能です。

 まずはお気軽にご相談ください。

その他のコラム

手形の不渡りを回避する方法

調布市の事業者で手形決済にお困りの方 1 不渡りとは  手形の不渡り(ふわたり)とは、手形や小切手を振り出した債務者に対し、支払人が支払呈示をしたにも関わらず、支払われないことを言います。  不渡事故を起こすと、手形交換所規則によって、交換所から全ての加盟金融機関に対して通知がなされますので、金融機関とのその後の取引に重大な支障を生じます。  さらに、6か月以内に2度目の不

督促状が来ない場合の理由や対応について

1 督促状が来ない=支払わなくてよい、ではない  クレジットカードのリボ払いやキャッシングで返済が苦しくなり、滞納状態になってしまったのに、なぜかあるときから督促状が来なくなった、というケースは少なくありません。  督促状が来ない理由としては、債務者が転居したため、債権者(貸金業者など)が債務者の住所を把握していない場合や、訴訟提起の準備に入っている場合、債権回収会社への債権譲渡の手続

会社の破産と取締役の破産

1 会社(法人)と代表取締役が同時に破産する場合  会社が破産する場合、多くの場合は代表取締役も自己破産をすることが多いです。  理由は、会社が金融機関から融資を受ける際、代表取締役が連帯保証をしているため、会社が破産をすると代表取締役が返済を求められることになり、その支払義務を免れる必要があるケースが多いためです。  この場合、あくまで2件(法人・個人)の破産事件として裁判所に

夫婦で借金をしている場合

調布市で、夫婦で借金問題に悩んでいる方へ 1 夫婦共に借金をしているケースは多い  弁護士がご相談を受ける借金問題において、夫婦が共に借金を抱えて返済に困っているというケースがあります。  例えば、生活苦から始めは夫婦のどちかがキャッシングを始めたものの、限度枠いっぱいになってしまい、仕方なくもう一方の名義でもキャッシングするようになったり、夫婦でパチンコが趣味のためお金を使いす

給料ファクタリングにご注意ください

1 給料ファクタリングとは  給料ファクタリングとは、利用者が勤務先の会社に対して有している将来の給与債権を、給料ファクタリング業者が買い取り、賃金債権(の一部)の譲渡を受けたという形式で、資金融通サービスを行うものです。  つまり、一定期間、事実上の給与の前借りができるのと同じ状態になりますので、一見便利なサービスに思えます。  しかし、利用者は、手数料の名目で利息制限法(年率

「今の苦しみから少しでも早く逃れたい」「どうしていいかわからない」
「家族にも相談しにくい」とお悩みのかたへ

安心の相談体制

初回
無料相談

経験豊富な
弁護士が対応

プライバシーに
配慮した相談室

電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く