ギャンブルによる借金を自己破産で整理した事例 |調布・世田谷の弁護士による借金問題、債務整理相談

仙川総合法律事務所
電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く

  • ギャンブルによる借金を自己破産で整理した事例

  • 年代:30代

相談前

パチンコやスロット、競馬などのギャンブルによって借金をしてしまい、気が付いたら多額の残高で返しきれなくなっていた。貸金業者や銀行のカードローンなどの借入は、利息が高く、しかも気軽に借りられてしまうため、少額の取引を繰り返しているうちに元金が膨れ上がり、毎月の返済を続けていても利息しか返せておらず、元金が一向に減らない。

相談後

裁判所へ自己破産を申し立てました。ギャンブルによる借り入れは、免責が不許可とされる事由として破産法252条1項に定められていますが、弁護士に相談して以降はギャンブルを一切せず、今後もギャンブルはしないこと、収入の範囲内でやり繰りをしていくことなどを誓約し、破産管財人に伝える作業を丁寧に行うことによって、裁量免責を受けることができました。

弁護士からのコメント

ギャンブルによる借金であっても、上記のような方法で整理を行い、経済的に生活を再建していくことができる可能性は十分にあります。とにかく早いご相談をお勧めします。

その他の解決事例

ギャンブルによる借金を自己破産で整理した事例

パチンコやスロット、競馬などのギャンブルによって借金をしてしまい、気が付いたら多額の残高で返しきれなくなっていた。貸金業者や銀行のカードローンなどの借入は、利息が高く、しかも気軽に借りられてしまうため、少額の取引を繰り返しているうちに元金が膨れ上がり、毎月の返済を続けていても利息しか返せておらず、元金が一向に減らない。 ...

詳しく見る

会社の破産と取締役の破産を受任後約6か月で完了した事例

会社の破産をしたいが、会社が金融機関から融資を受ける際、代表取締役が連帯保証をしている。会社が破産をすると代表取締役が返済を求められることになるが、返済出来ない。どうしたらよいか。 ...

詳しく見る

夫に内緒の借金を任意整理で整理した事例

生活費の不足や、ご自身が浪費をしてしまったなど、様々な事情で借金をしてしまい、それを夫に内緒にしてなんとかやり繰りしていたのだけれど、返済がどうにもできなくなってしまっていた。借金の返済に追われるということや、さらに夫に内緒で、バレないように気を使っていることが、大変なストレスとなっている。どうしたらよいか。 ...

詳しく見る

「今の苦しみから少しでも早く逃れたい」「どうしていいかわからない」
「家族にも相談しにくい」とお悩みのかたへ

安心の相談体制

初回
無料相談

経験豊富な
弁護士が対応

プライバシーに
配慮した相談室

電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く