期限の利益とは |調布・世田谷の弁護士による借金問題、債務整理相談

仙川総合法律事務所
電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く

期限の利益とは

1 期限の利益とは

 貸金業者などから借金をすると、通常、月々の分割返済となり、一括で返済する必要はありません。

 このように、決められた返済期限まで返済しなくてよい利益を、期限の利益と言います。

2 期限の利益喪失事由

 返済が滞ってしまうと、債権者から一括返済を求められることがあります。そのような状態を、期限の利益を喪失した、と言います。

 貸金業者などからの借金の場合、通常は、借入の際の契約で、どのような場合に期限の利益を喪失するかが定められています。これを、期限の利益喪失事由と言います。期限の利益喪失事由として一般的なものとしては以下のようなものがあります。

・分割払いの返済が遅れてしまったとき

・任意整理や個人再生などの債務整理をしたとき

・差押えなどを受けたとき

・収入の大幅な減少など、信用状況が著しく悪化したとき

・債務者が死亡し、相続が発生したとき

3 期限の利益を喪失した後に、再度分割払いにする方法

 上記のような期限の利益喪失事由が発生し、債権者から一括返済を求められてしまった場合、一括返済ができない場合にはどうしたらよいのでしょうか。

 ご自身で分割払いをしたいと話しても、債権者はなかなか認めてくれません。しかし、そのような場合でも、弁護士が介入して任意整理を行うことで、改めて分割返済の合意ができる可能性は十分にあります。

 返済がどうしても難しい場合には、自己破産の申立をすることも可能です。

 一括返済を求められて困っている方は、あわてず弁護士に相談することをお勧めします。

その他のコラム

リボ払いの支払いで困っている方へ

1 リボ払いの落とし穴  クレジットカードでショッピングをする際に、リボ払いを利用する方は多いのではないでしょうか。リボ払いは、毎月の支払額が一定額になるので、便利に感じるかと思います。  しかし、日常的にこのリボ払いを利用していると、なぜか残高が減らない、いつまで経っても返済が終わらない、気が付いたら残高がどんどん増えてしまっている、というケースが少なくありません。  リボ払い

浪費癖を治す方法

1 浪費癖で借金をしてしまう  債務整理の案件を扱うにあたっては、借金をしてしまった理由を必ずお聞きします。なぜなら、特に破産などの手続きにおいては、借金の理由が、免責(借金を返済しなくてよい状態になること)が許可されるか否かに関わるからです。  借金の理由は様々ですが、浪費によって多額の借金をしてしまった方は少なくありません。  習慣的に浪費をしてしまう方の場合、本人にとって困

夫婦で借金をしている場合

調布市で、夫婦で借金問題に悩んでいる方へ 1 夫婦共に借金をしているケースは多い  弁護士がご相談を受ける借金問題において、夫婦が共に借金を抱えて返済に困っているというケースがあります。  例えば、生活苦から始めは夫婦のどちかがキャッシングを始めたものの、限度枠いっぱいになってしまい、仕方なくもう一方の名義でもキャッシングするようになったり、夫婦でパチンコが趣味のためお金を使いす

亡くなった人の債務について督促が来た場合の対応

1 遺産を取得しない場合は相続放棄の手続を  例えば、疎遠にしていた父親が亡くなった後に突然、父親が借りていた借金についての督促状が、その方の子どもに届くということがあります。  これは、子どもは親の法定相続人であるため、亡くなった親に借金が残っていた場合、その負債を法定相続分に従って相続することになるためです。  亡くなった方(被相続人)が、借金だけでなくプラスの財産も残してお

借金の一本化(おまとめローン)のメリット・デメリット

1 借金の一本化(おまとめローン)とは  貸金業者から借入をしていると、おまとめローンなどの名称で、借金を一本化することを提案されたことがある方は少なくないのではないでしょうか  借金の一本化(おまとめローン)とは、複数の貸金業者からの借入がある場合に、借入総額(あるいはそれ以上の額)を一つの貸金業者から借り、それを既存の借入の返済に充てて、借入先を一つにまとめることを言います。

「今の苦しみから少しでも早く逃れたい」「どうしていいかわからない」
「家族にも相談しにくい」とお悩みのかたへ

安心の相談体制

初回
無料相談

経験豊富な
弁護士が対応

プライバシーに
配慮した相談室

電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く