借金の時効 |調布・世田谷の弁護士による借金問題、債務整理相談

仙川総合法律事務所
電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く

借金の時効

1.借金の消滅時効とその期間

 法律上、債権者が一定の期間、権利を行使しないと、その権利を行使することができなくなることを、消滅時効と言います。

 消費者金融やカード会社からお金を借りた場合にも、この消滅時効の適用があります。具体的には、最終取引の日から5年間が経過すると、消滅時効にかかり、借金を返さなくてもよいことになります。

 なお、消滅時効の期間として、個人間の一般的な取引の場合は10年間ですが、貸金業者や銀行などからの借入の場合には、5年間となります。

2.時効の援用とは

 借金も消滅時効にかかりますが、注意しなければならないのは、時効期間の経過により、自動的に借金が消滅するわけではないということです。

 債務を確定的に消滅させるためには、消滅時効の効力を主張する意思表示を行わなければなりません。これを、時効の援用(えんよう)と言います。

 この時効の援用をするにあたって、法律上、方式の決まりはありませんが、後々に時効の援用の事実の有無について争いが生じることのないよう、内容証明郵便によって行うべきです。

3.時効の中断に注意

 金融機関からの借金の消滅時効は、上記の通り5年間ですが、この5年の間に一定の事実があると、その時点で時効の進行が「中断」します。時効の中断があると、その時点で、それまで進行した時効期間はリセットされ、そこから改めて5年間が経過しないと消滅時効の効果は発生しません。

 借金の場合に「中断」事由となる主な事項としては、債権者から裁判を起こされたり、支払督促の申出があった場合などがあります。

4.時効にかかっているか分からない場合

 最終取引時がご自身の記憶ではっきりしない場合、基本的には債権者に問合せをして取引を確認することになります。

 弁護士に依頼をした場合は、債権者から弁護士に取引履歴を開示させ、時効が成立しているかどうかを弁護士にて判断し、時効にかかっている場合には速やかに時効の援用を行います。

5.時効と信用情報(ブラックリスト)の関係について

 時効を援用した場合、債務を完済したのと同じ状態になりますが、その後の扱いについては、信用情報機関によって異なるようです。

 すぐに信用情報が抹消される場合もあれば、貸倒れとして一定期間情報が残る場合もあります。

 ただ、一定期間経過後は抹消されますので、時効の援用をせずにそのままずっと信用情報が残ってしまうよりも、時効を援用したほうが将来的にまた融資を受けやすくなりますので良いと言えます。

6.さいごに

 以上のとおり、借金を時効によって消滅させるためには、援用という意思表示を明確に行わなければなりません。

 弁護士にご依頼いただければ、借金が時効にかかっているかどうかの確認から、実際の時効の援用まで全て弁護士が行いますので、確実に借金を消滅させることができます。

その他のコラム

カードローンでお困りの方へ

調布市でカードローン返済の相談先を探している方へ 1 カードローンの返済が苦しくなってしまったら無理せず相談を  昨今のキャッシュレス化に伴い、以前にも増してクレジットカードを利用する機会が増えているようです。  クレジットカードの利用は、通常、ショッピングでの利用と、キャッシングの利用があります。最近では、ショッピングでの利用にリボ払いを利用することによって、気が付いたら残高が

弁護士に相談する前に準備しておくべきこと

調布市で借金問題でお悩みの方へ 1 直接面談をしましょう  借金について悩んでおり弁護士に相談しようと考える方の多くは、最近ではまずはインターネットで情報収集をします。  事務所によっては、電話相談やメール相談を受け付けている事務所もあり、まずはそのような方法で相談するのが気軽で良いと考える方もいるかもしれません。  もちろん、電話相談やメール相談が悪いわけではありません。

督促状が来ない場合の理由や対応について

1 督促状が来ない=支払わなくてよい、ではない  クレジットカードのリボ払いやキャッシングで返済が苦しくなり、滞納状態になってしまったのに、なぜかあるときから督促状が来なくなった、というケースは少なくありません。  督促状が来ない理由としては、債務者が転居したため、債権者(貸金業者など)が債務者の住所を把握していない場合や、訴訟提起の準備に入っている場合、債権回収会社への債権譲渡の手続

エステや脱毛サロンなどの分割払いと借金問題

1 分割払いも借金です  最近では、エステや脱毛サロンで、1回の利用ではなくコース利用を勧め、その支払いを分割払いで契約するというケースが少なくありません。  利用者にとっても、毎月の支払額が少なく済むため、便利な面もあります。しかし、分割払いというのは、契約時に全額の支払義務が発生するところ、支払期限を長く設定してもらって返済していくことにする契約であり、借金と同様です。そのため、通

裁判所から訴状が届いた場合

1 借金の滞納を続けると裁判を起こされるリスクがある  借金の返済が滞ってしまっている場合でも、すぐに業者が裁判を起こしてくることはあまりありません。  しかし、返済を全くしない状態が長期間続くと、裁判を起こされることがあります。貸金業者にとって、返済しない状態を放置してしまうと時効によって消滅してしまうリスクがあるため、時効を中断させるために裁判手続きを取ることがあります。 2

「今の苦しみから少しでも早く逃れたい」「どうしていいかわからない」
「家族にも相談しにくい」とお悩みのかたへ

安心の相談体制

初回
無料相談

経験豊富な
弁護士が対応

プライバシーに
配慮した相談室

電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く