学生の債務整理 |調布・世田谷の弁護士による借金問題、債務整理相談

仙川総合法律事務所
電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く

学生の債務整理

調布市の学生の方で、借金でお困りの方へ

1 学生でも借金が返せず困っている人は珍しくありません

 昨今のキャッシュレス化の影響もあり、学生でもクレジットカードを利用することはごく一般的になりました。

 ショッピングの一括払いで利用している分には、借金を作ってしまうことはあまりありませんが、リボ払いを利用していたり、キャッシングを利用していると、気が付くと残高が多額になっており、月々の返済が苦しい状態になってしまったという人は少なくありません。ソーシャルゲームの課金を日常的に重ねて、払いきれなくなってしまうケースもあります。

2 学生でも債務整理は可能です

 返済できないほどに借金ができてしまった場合には、早い段階で債務整理をしてきちんと精算することが大切です。

 学生であっても、任意整理や自己破産などの債務整理を行うことは可能です。

 親に知られずに債務整理をしたいという方は、任意整理をお勧めします。自己破産でも、必ず親に知られてしまうというわけではありませんので、詳しくは直接ご相談ください。

3 就職に影響することはありません

 債務整理を行うと信用情報(いわゆるブラックリスト)に載ることになりますが、一般の企業がこの信用情報を閲覧することはできません。自己破産をすると官報に掲載されますが、一般の企業が官報に掲載された破産の情報をチェックしていることも通常はありません。

 弁護士はもちろんのこと、債権者や裁判所から、就職先へ通知がいくこともありません。

 従って、就職への影響を心配する必要は基本的にはありません。

 その他心配な点は、ご遠慮なくご相談ください。

その他のコラム

コロナによる収入減と債務整理

1 コロナによる収入減と借金問題  新型コロナウイルスの感染拡大により、休業や退職を余儀なくされたり、あるいは解雇や勤務先が倒産したという方は少なくありません。それにより、収入が突然減ったり、場合によっては全くなくなってしまい、消費者金融などから借入をしたり、もともとあった借金の返済ができなくなってしまったという方もいます。 2 すぐに専門家に相談を  新型コロナウイルスの感染拡

うつ病と債務整理

1 はじめに  債務整理のご相談にいらっしゃる方のなかには、うつ病などの精神疾患を患っている方もいらっしゃいます。  今回は、うつ病の方が債務整理をするケースについて解説します。 2 仕事を続けている場合  うつ病に罹患していても仕事は続けることができている場合、借金の整理方法としては、任意整理も可能です。  任意整理とは、弁護士が代理人となって、貸金業者と借金の減額

債務整理と生活保護の関係

1 生活保護受給中の方は、任意整理はお勧めしません  生活保護を受給している方が借金の返済で困っている場合、任意整理をすることは基本的にお勧めしません。  任意整理とは、弁護士が代理人となって貸金業者等と交渉し、その後の返済条件を改めて取り決めることですが、自己破産のように支払い自体を免れるわけではなく、あくまで返済していくことが必要です。  そして、生活保護費は、生活をするため

フリーランスの方の債務整理

調布市でフリーランスの仕事をしている方で借金にお困りの方へ 1 フリーランスで借金の返済に困っている人は少なくない  最近では、会社などの組織に属さず、フリーランス(個人事業者)として様々な仕事をするスタイルが一般的になってきました。  フリーランスで仕事をしていると、文字通り自由な裁量で仕事をすることができる醍醐味がありますし、順調なら収入面でも一般的な会社員よりも高収入となる

債務整理診断/借金減額診断について

調布市で債務整理や借金減額ができるか診断を受けたい方へ 1 インターネット上の診断には限界がある  昨今、インターネットで「借金減額診断」「債務整理診断」などとうたって広告を出している法律事務所や司法書士事務所を見かけます。  借金で悩んでいる方にとって、ご自身の状況が客観的にどうなのか、簡易に診断してもらえるのは確かに便利かと思います。  しかしながら、通常このようなイン

「今の苦しみから少しでも早く逃れたい」「どうしていいかわからない」
「家族にも相談しにくい」とお悩みのかたへ

安心の相談体制

初回
無料相談

経験豊富な
弁護士が対応

プライバシーに
配慮した相談室

電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く