高齢者の債務整理 |調布・世田谷の弁護士による借金問題、債務整理相談

仙川総合法律事務所
電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く

高齢者の債務整理

調布市の高齢者の方で借金の返済にお困りの方へ

1 高齢者の債務整理はめずらしくありません

 高齢者の方で、以前から借金があり、今までなんとか返済をしてきたのだけれど、病気や退職などの理由で収入が途絶えてしまい、返済できない状態になってしまう方は少なくありません。最近では、「老後破産」という言葉が一般的になりました。

 そのような方は、とても真面目な方が多く、返済できないことに強い罪悪感を持っており、任意整理や自己破産などの債務整理をすることに抵抗感を抱く方が多いように感じます。

 しかし、債務整理は、人生を再スタートするために法的に認められた制度であり、恥ずかしいことでも悪いことでもありません。

 今まで真面目に返済してきた方だからこそ、重い負担から解放され、老後の生活を充実したものにしていただきたいと願っております。

2 高齢者の債務整理で気を付けるべきポイント

(1)年金には影響しない

 これから年金を受給予定の方も、既に年金を受給している方も、債務整理をしたからと言って受給できなくなったり減額されたりすることはありません。

(2)保険の問題

 保険に加入している方が自己破産をする場合、解約返戻金が一定額以上になっている場合は原則として解約をしなければなりません。

 入院保険などで解約返戻金がない保険は、継続できます。

(3)任意整理か自己破産かの選択は慎重に

 任意整理はあくまで債務の返済をしていくものですので、一定の収入がない場合には難しいです。その場合は、自己破産を選択し、裁判所から免責許可決定(借金を返さなくてよい状態になること)を受けます。

 本人名義の自宅がある場合、自己破産をすると自宅は処分しなければなりません。そのため、自宅を維持したい場合には自己破産をすることはできず、任意整理で返済していく方法を検討します。

 いずれの方法が良いかは、その方の状況によって異なりますので、まずは弁護士に相談することをお勧めします。

その他のコラム

債務整理と生活保護の関係

1 生活保護受給中の方は、任意整理はお勧めしません  生活保護を受給している方が借金の返済で困っている場合、任意整理をすることは基本的にお勧めしません。  任意整理とは、弁護士が代理人となって貸金業者等と交渉し、その後の返済条件を改めて取り決めることですが、自己破産のように支払い自体を免れるわけではなく、あくまで返済していくことが必要です。  そして、生活保護費は、生活をするため

債務整理と住宅ローン

1 はじめに  消費者金融などからの借金が重なり返済に困っている状況で住宅ローンもある場合、自宅は手放さずに債務整理をすることが可能か、債務整理の種類に分けて解説します。 2 任意整理の場合  任意整理は、対象とする業者を任意に選択して整理をする方法です。  そのため、住宅ローンについては対象とせず、他の借入についてのみ整理を行うことで、住宅ローンはそのまま、自宅を手放すこ

キャバクラやホストクラブで借金ができてしまった場合の債務整理

1 キャバクラやホストクラブでの借金は多額になりがち  キャバクラやホストクラブでの遊びは、一般的に1回に使う金額が多いため、頻繁に通うとすぐに生活を圧迫するようになってしまいます。  お気に入りのスタッフがいると、特にたくさんのお金を使うようになります。次第に手持ちのお金で足りなくなり、お店への「ツケ」で飲んでしまったり、クレジットカードのキャッシングやリボ払いを利用してしまうと、利

債務整理診断/借金減額診断について

調布市で債務整理や借金減額ができるか診断を受けたい方へ 1 インターネット上の診断には限界がある  昨今、インターネットで「借金減額診断」「債務整理診断」などとうたって広告を出している法律事務所や司法書士事務所を見かけます。  借金で悩んでいる方にとって、ご自身の状況が客観的にどうなのか、簡易に診断してもらえるのは確かに便利かと思います。  しかしながら、通常このようなイン

債務整理に関する無料電話相談を受け付けます

新型コロナウイルスの感染が急速に拡大しており、令和2年4月7日には緊急事態宣言が出されました。  これに伴い、多くの業種で業績が急激に悪化したり、労働者の方々が通常通りの給与を得ることができずに借入の返済ができなくなったり、様々な影響が生じてきております。  当事務所では、そのような方の緊急のご相談に対応するため、緊急事態宣言の期間中、債務整理に関するご相談はお電話にて30分間無料でお

「今の苦しみから少しでも早く逃れたい」「どうしていいかわからない」
「家族にも相談しにくい」とお悩みのかたへ

安心の相談体制

初回
無料相談

経験豊富な
弁護士が対応

プライバシーに
配慮した相談室

電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く