フリーランスの方の債務整理 |調布・世田谷の弁護士による借金問題、債務整理相談

仙川総合法律事務所
電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く

フリーランスの方の債務整理

調布市でフリーランスの仕事をしている方で借金にお困りの方へ

1 フリーランスで借金の返済に困っている人は少なくない

 最近では、会社などの組織に属さず、フリーランス(個人事業者)として様々な仕事をするスタイルが一般的になってきました。

 フリーランスで仕事をしていると、文字通り自由な裁量で仕事をすることができる醍醐味がありますし、順調なら収入面でも一般的な会社員よりも高収入となることも期待できます。

 他方で、フリーランスの場合、経費は全て自己負担となり、また、収入も毎月一定のものが得られるとは限らないため、借入に頼ってしまう機会が少なくありません。

 一回の借入が多額ではなくても、貸金業者などからの借入は利息が高いため、気が付いたら多額の債務を負っているというケースが少なくありません。

2 フリーランスの方の債務整理

(1)業務に影響はない

 フリーランスの方が債務整理をする場合に一番気にかかるのは、業務を続けることができるのかという点かと思います。

 任意整理でも自己破産でも、業務を続けることは可能です。取引先に知られてしまうことも通常はありません。

 ただし、自己破産の手続きを取る場合、一定の職業については資格制限があります。

 資格制限とは、一定の資格を喪失したり、資格が使えなくなったりすることで、例えば、弁護士、司法書士、公認会計士、税理士、警備員、宅地建物取引士などの資格が制限されます。

(2)自己破産のときに仕事用のパソコンなどを処分しなければならないか

 フリーランスで仕事をしている場合、パソコンやソフト、自動車など、一定の業務用資産を持っていることがあると思います。

 自己破産をする場合、基本的には財産的価値のあるものは処分する必要があります。ただ、パソコンなどは、通常は中古として売却してもほとんど価値の付かないものが多いため、そのような場合は保有し続けることができます。

 処分しなければならないかどうか心配な物がある場合には、ご相談ください。

その他のコラム

女性の債務整理

調布市の女性の方で、借金でお困りの方へ 1 女性でも債務整理を依頼する方はめずらしくありません  当事務所では、多数の債務整理案件を扱ってきましたが、依頼者の性別は男性と女性がおおよそ半々です。  ご相談を伺っていると、女性は男性以上に、債務整理の相談をしに弁護士の事務所に来るということの心理的ハードルが高いように感じます。他方で、借金の返済に追われて精神的ストレスを抱え、思い悩

債務整理のための弁護士費用が用意できない場合

調布市で債務整理の費用を心配されている方へ 1 弁護士費用を払ってでも依頼する意味のある金額でしか依頼をお受けしません。  債務整理を弁護士に依頼するためには、一定の費用がかかります。  金額については、依頼する内容(任意整理か自己破産、民事再生か、任意整理の場合は貸金業者が何社いるか、など。当事務所の弁護士費用についてはこちらをご覧ください)によって異なりますが、決して少ない金

キャバクラやホストクラブで借金ができてしまった場合の債務整理

1 キャバクラやホストクラブでの借金は多額になりがち  キャバクラやホストクラブでの遊びは、一般的に1回に使う金額が多いため、頻繁に通うとすぐに生活を圧迫するようになってしまいます。  お気に入りのスタッフがいると、特にたくさんのお金を使うようになります。次第に手持ちのお金で足りなくなり、お店への「ツケ」で飲んでしまったり、クレジットカードのキャッシングやリボ払いを利用してしまうと、利

債務整理と住宅ローン

1 はじめに  消費者金融などからの借金が重なり返済に困っている状況で住宅ローンもある場合、自宅は手放さずに債務整理をすることが可能か、債務整理の種類に分けて解説します。 2 任意整理の場合  任意整理は、対象とする業者を任意に選択して整理をする方法です。  そのため、住宅ローンについては対象とせず、他の借入についてのみ整理を行うことで、住宅ローンはそのまま、自宅を手放すこ

住宅ローンがある方の債務整理について

1 破産手続きを取ることはできない  住宅ローンが残っており、自宅は手放したくないという方の場合、破産手続きを取ることはできません。  破産手続きでは、住宅ローンを含む全ての負債が手続きの対象となり、自宅不動産については破産者の資産として、原則として処分することとなってしまうためです。  貸金業者からの借入が多額にのぼってしまい整理をしたいけれど、自宅については住宅ローンを払い続

「今の苦しみから少しでも早く逃れたい」「どうしていいかわからない」
「家族にも相談しにくい」とお悩みのかたへ

安心の相談体制

初回
無料相談

経験豊富な
弁護士が対応

プライバシーに
配慮した相談室

電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く