デビットカードと債務整理 |調布・世田谷の弁護士による借金問題、債務整理相談

仙川総合法律事務所
電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く

デビットカードと債務整理

1 債務整理をしてもデビットカードは使えます

 債務整理をすると、いわゆるブラックリストに載ることになりますので、信用情報が抹消されるまでの期間はクレジットカードを新しく作ることは出来ません。

 これに対し、デビットカードについては、債務整理をしても影響はありません。デビットカードは自分の銀行口座から即時に利用額が引き落とされるものですので、与信審査の必要がないためです。

 ただし、立て替え払い機能の付いたデビットカードは与信審査が行われますので、ブラックリストに載っている間は作成することができません。

2 過去のデビットカード利用について

 自己破産をする場合、銀行口座の一定期間の取引履歴を裁判所に提出することになります。そのため、デビットカードを利用していた場合は、その利用の内容を説明する必要があります。

 生活用品の購入などのために、客観的に必要な範囲で利用していた場合は問題ありませんが、浪費と評価されるような利用をしている場合は、免責不許可事由があると判断されます。ただし、免責不許可事由がある場合であっても、反省の意思を示し、今後は収入の範囲内で生活していくことを誓約するなどにより、免責を認めてもらえるケースも多くあります。

その他のコラム

債務整理を依頼する弁護士の選び方

調布市で弁護士をお探しの方へ、探し方の視点を弁護士がお伝えします 1 はじめに  借金の返済が苦しくなり、債務整理をしようと考えたとき、多くの方はインターネットで弁護士を探してみると思います。  しかし、現在では数多くの法律事務所がホームページを有しており、どの事務所を選べばよいか、迷ってしまうのではないでしょうか。  そこで今回のコラムでは、弁護士を選ぶ際に、参考にすべき

フリーランスの方の債務整理

調布市でフリーランスの仕事をしている方で借金にお困りの方へ 1 フリーランスで借金の返済に困っている人は少なくない  最近では、会社などの組織に属さず、フリーランス(個人事業者)として様々な仕事をするスタイルが一般的になってきました。  フリーランスで仕事をしていると、文字通り自由な裁量で仕事をすることができる醍醐味がありますし、順調なら収入面でも一般的な会社員よりも高収入となる

うつ病と債務整理

1 はじめに  債務整理のご相談にいらっしゃる方のなかには、うつ病などの精神疾患を患っている方もいらっしゃいます。  今回は、うつ病の方が債務整理をするケースについて解説します。 2 仕事を続けている場合  うつ病に罹患していても仕事は続けることができている場合、借金の整理方法としては、任意整理も可能です。  任意整理とは、弁護士が代理人となって、貸金業者と借金の減額

狛江市で債務整理を扱う弁護士をお探しの方へ

狛江市で借金問題にお困りの方へ 1 当事務所では狛江市の方の債務整理案件を多数扱っています  当事務所は、狛江市に隣接した調布市仙川町にあり、狛江市在住の方にアクセスが良いことから、狛江市の方の債務整理案件(任意整理、自己破産、民事再生等)を数多く扱っています。 2 地元近隣の法律事務所に依頼するメリット  債務整理を扱う法律事務所は数多くありますが、地元近隣の法律事務所に

高齢者の債務整理

調布市の高齢者の方で借金の返済にお困りの方へ 1 高齢者の債務整理はめずらしくありません  高齢者の方で、以前から借金があり、今までなんとか返済をしてきたのだけれど、病気や退職などの理由で収入が途絶えてしまい、返済できない状態になってしまう方は少なくありません。最近では、「老後破産」という言葉が一般的になりました。  そのような方は、とても真面目な方が多く、返済できないことに強い

「今の苦しみから少しでも早く逃れたい」「どうしていいかわからない」
「家族にも相談しにくい」とお悩みのかたへ

安心の相談体制

初回
無料相談

経験豊富な
弁護士が対応

プライバシーに
配慮した相談室

電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く