破産する費用がない場合 |調布・世田谷の弁護士による借金問題、債務整理相談

仙川総合法律事務所
電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く

破産する費用がない場合

調布市で破産を検討中の方で、費用についてお悩みの方へ

1 破産手続きをするための費用

 破産手続きを取るにあたって必要な費用は、大きく分けて、①弁護士費用と、②裁判所に納める手続費用、③主に破産管財人の報酬となる引継予納金があります。

① 弁護士費用

 弁護士の費用は、現在自由化されており、事務所によって異なります。

 当事務所の費用については、こちらをご覧ください。

② 裁判所に納める手続費用

 裁判所によって異なりますが、概ね2~3万円程度です。

③ 引継予納金

 裁判所によって異なりますが、東京地裁の場合、最低20万円とされています。

2 費用が用意できない場合

 破産申立てを検討している方は、当然のことながら借金の返済に苦しんでいる方ですから、上記の破産費用をすぐに用意できないという場合も多くあります。

 しかし、破産費用のために破産をあきらめてしまっては意味がありません。

 まず、弁護士費用については、当事務所では、依頼者の方の生活状況などをお聞きし、無理のない範囲での分割払いに対応しております。分割払いの場合でも、弁護士から業者への受任通知は、ご依頼いただいたタイミングですぐに発送しますので、業者への返済はすべて必要なくなりますし、督促もストップしますので、平穏に日常生活を送りながら、手続費用を支払っていくことができます。

 また、引継予納金についても、東京地裁の場合、4回までの分割払いが認められています。

3 費用がかかっても、生活を再スタートさせる意味が必ずあります

 破産手続きにかかる費用は、決して安いものではありません。

 しかし、今のまま借金の返済を続け、苦しい思いをし続けるよりも、思い切って手続きを取ることで、全く新しい人生を再スタートすることができます。

 手続費用を分割払いにすると言っても、それまで月々返済していたような苦しい状態が続くような金額にはなりませんので、安心してご相談ください。

その他のコラム

自己破産とボーナス

1 自己破産をする場合のボーナスの取り扱い  会社員の方で、ボーナスが支給される予定がある場合は、自己破産をするにあたってボーナスがどのように取り扱われるのか、没収されてしまうのか、気にかかる点かと思います。  今回は、自己破産とボーナスの取り扱いについて解説します。 2 ボーナスの支給と破産申立てのタイミングによって扱いが異なる ① ボーナス支給後に破産申立てをする場合

飲食店の破産

1 飲食店を経営しているけれども、残念ながら経営がうまくいかず、閉店を検討している場合、特に負債が残っていなければ何も問題はありません。  しかし、実際には、飲食店の開店には内装費などの初期費用が多くかかるため、金融機関から借入をしており、その負債が残っているということが多いかと思います。  負債を返済するのが現実的に難しい場合、破産手続きを取ることで、法的に支払いを免れることができま

自己破産と銀行口座について

1 自己破産で口座が凍結されるのか  自己破産を行った場合に、利用している銀行口座が全て凍結されてしまうのではないかと心配される方がいらっしゃいます。  口座の凍結とは、口座から預金を引き出せなくなることを言います。  実際には、債務整理を行った場合に、銀行口座が凍結される場合と、凍結されない場合がありますので、それぞれについて説明します。 2 銀行口座が凍結される場合

家族からの借金がある場合の自己破産

1 家族からの借金だけ対象にしないことはできない  貸金業者からの借金が膨らみ自己破産をしたいのだけれど、親や兄弟からの借金については、迷惑をかけたくないので返済を続けたい、あるいは自己破産することを伝えたくない、という方はめずらしくありません。  しかし、貸金業者からの借金も、家族からの借金も、貸金債務という法的性質に変わりはありません。自己破産は、免責と言って法的に借金を返さなくて

自己破産にかかる期間

調布市で自己破産を検討中の方 1 はじめに  自己破産をすると決断した場合、手続が終わるまでにどのくらいの期間がかかるのか、皆さん気にかかる点かと思います。  以下では、当事務所でご依頼いただき、東京地方裁判所で破産申立てをする場合の通常の期間を目安として解説します。 2 弁護士に依頼~申立てまで (1)受任通知の発送:原則、即日  自己破産を弁護士に依頼をする

「今の苦しみから少しでも早く逃れたい」「どうしていいかわからない」
「家族にも相談しにくい」とお悩みのかたへ

安心の相談体制

初回
無料相談

経験豊富な
弁護士が対応

プライバシーに
配慮した相談室

電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く