自己破産ができる借金額 |調布・世田谷の弁護士による借金問題、債務整理相談

仙川総合法律事務所
電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く

自己破産ができる借金額

調布市で自己破産を検討中の方へ

1 借金の額が少ない/多いと自己破産できないのか

 借金の返済が苦しく、自己破産をしたいと考えている場合でも、自分の借金の額が果たして破産手続きに適しているのかどうか、迷うことがあるのではないでしょうか。

 法律上、破産ができる金額というのは一律には決まっていません。単に借金の額が少ないとか、多いとかいうことだけで、破産手続きが取れないということはないのです。

2 破産手続きを取るための要件

 破産手続きを取るにあたって借金の額による一律の制限はありませんが、本人が「支払不能状態にあること」が必要とされます。

 例えば、年収1000万円の仕事を継続している人が100万円の借入をしていたとしても、通常は返済できるはずですので、破産はできません。

 この「支払不能状態」か否かは、本人の収入と借入の額、生活状況などを総合的に考慮して判断されます。

3 破産申立てできるかどうかは弁護士に相談を

 ご自身の状況で自己破産申立てができるかどうか、弁護士にご相談いただければ見通しをお伝えすることが可能です。

 破産手続きは法的手続きですので、インターネットの情報を見ているだけでは、正確な情報を得ることは難しいものです。

 情報に振り回されてしまう前に、弁護士に相談をして正確な判断をしてもらいましょう。

 当事務所では、破産手続きを取ることが可能か、任意整理と自己破産のどちらが適しているのかなど、ご意向を伺いながら丁寧に説明いたします。

その他のコラム

自己破産にかかる期間

調布市で自己破産を検討中の方 1 はじめに  自己破産をすると決断した場合、手続が終わるまでにどのくらいの期間がかかるのか、皆さん気にかかる点かと思います。  以下では、当事務所でご依頼いただき、東京地方裁判所で破産申立てをする場合の通常の期間を目安として解説します。 2 弁護士に依頼~申立てまで (1)受任通知の発送:原則、即日  自己破産を弁護士に依頼をする

自己破産とボーナス

1 自己破産をする場合のボーナスの取り扱い  会社員の方で、ボーナスが支給される予定がある場合は、自己破産をするにあたってボーナスがどのように取り扱われるのか、没収されてしまうのか、気にかかる点かと思います。  今回は、自己破産とボーナスの取り扱いについて解説します。 2 ボーナスの支給と破産申立てのタイミングによって扱いが異なる ① ボーナス支給後に破産申立てをする場合

調布市や府中市にお住いの方の自己破産について

1 23区にお住いの方の破産案件とは裁判所が異なります  自己破産の申立ては、原則として、破産申立てをする方の住所地を管轄する裁判所にしなければなりません。  東京の場合、霞が関に東京地方裁判所の本庁があり、23区にお住いの方の場合は、この裁判所に申立てをします。 他方、調布市や府中市にお住いの方は、東京地方裁判所立川支部に申立てをすることが一般です。 2 裁判所が異なるこ

自己破産後の生活

調布市で自己破産を検討中の方へ、破産後の生活についてご説明します 1 自己破産後の生活で影響のあること  自己破産をすると、信用情報(ブラックリスト)に載りますので、その後一定の期間、クレジットカードを作ったり、借入をすることができない状態になります。  ブラックリストに掲載される期間については、5年から10年とされています。  住宅ローンについても、ブラックリストに載って

飲食店の破産

1 飲食店を経営しているけれども、残念ながら経営がうまくいかず、閉店を検討している場合、特に負債が残っていなければ何も問題はありません。  しかし、実際には、飲食店の開店には内装費などの初期費用が多くかかるため、金融機関から借入をしており、その負債が残っているということが多いかと思います。  負債を返済するのが現実的に難しい場合、破産手続きを取ることで、法的に支払いを免れることができま

「今の苦しみから少しでも早く逃れたい」「どうしていいかわからない」
「家族にも相談しにくい」とお悩みのかたへ

安心の相談体制

初回
無料相談

経験豊富な
弁護士が対応

プライバシーに
配慮した相談室

電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く