亡くなった人の債務について督促が来た場合の対応 |調布・世田谷の弁護士による借金問題、債務整理相談

仙川総合法律事務所
電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く

亡くなった人の債務について督促が来た場合の対応

1 遺産を取得しない場合は相続放棄の手続を

 例えば、疎遠にしていた父親が亡くなった後に突然、父親が借りていた借金についての督促状が、その方の子どもに届くということがあります。

 これは、子どもは親の法定相続人であるため、亡くなった親に借金が残っていた場合、その負債を法定相続分に従って相続することになるためです。

 亡くなった方(被相続人)が、借金だけでなくプラスの財産も残しており、プラスの財産のほうが多く、それを相続した場合は、借金について返済をする必要があります。

 被相続人にプラスの遺産がない場合には、相続放棄の手続きを取ることで借金の返済を免れることができます。この相続放棄は、家庭裁判所で手続きを取ることが必要です。また、被相続人が亡くなってから3か月以内に手続きを取る必要がありますので注意しましょう。

2 相続放棄と業者への対応を合わせて弁護士が行うことが可能です

 上記のとおり、相続放棄の手続きは家庭裁判所の手続きとなりますので、一般の方には少しハードルが高いかもしれません。

 当事務所では、相続放棄の手続きはもちろんのこと、相続放棄が完了した際に貸金業者等へ連絡し、相続放棄を行ったことを通知するところまで全て対応することが可能です。

 そのため、ご自身からは業者へ連絡する必要もなく、面倒な手続きを行う必要もありません。

 督促状が来て困っている方は、まずはお気軽にご相談ください。

その他のコラム

手形の不渡りを回避する方法

調布市の事業者で手形決済にお困りの方 1 不渡りとは  手形の不渡り(ふわたり)とは、手形や小切手を振り出した債務者に対し、支払人が支払呈示をしたにも関わらず、支払われないことを言います。  不渡事故を起こすと、手形交換所規則によって、交換所から全ての加盟金融機関に対して通知がなされますので、金融機関とのその後の取引に重大な支障を生じます。  さらに、6か月以内に2度目の不

夫婦で借金をしている場合

調布市で、夫婦で借金問題に悩んでいる方へ 1 夫婦共に借金をしているケースは多い  弁護士がご相談を受ける借金問題において、夫婦が共に借金を抱えて返済に困っているというケースがあります。  例えば、生活苦から始めは夫婦のどちかがキャッシングを始めたものの、限度枠いっぱいになってしまい、仕方なくもう一方の名義でもキャッシングするようになったり、夫婦でパチンコが趣味のためお金を使いす

会社の破産と取締役の破産

1 会社(法人)と代表取締役が同時に破産する場合  会社が破産する場合、多くの場合は代表取締役も自己破産をすることが多いです。  理由は、会社が金融機関から融資を受ける際、代表取締役が連帯保証をしているため、会社が破産をすると代表取締役が返済を求められることになり、その支払義務を免れる必要があるケースが多いためです。  この場合、あくまで2件(法人・個人)の破産事件として裁判所に

家族の借金をやめさせたい場合の方法~貸付自粛制度について

1 借金を繰り返してしまう方  借金について、一度家族に発覚して返済をさせたのに、また同じことを繰り返してしまうというケースは少なくありません。  借金をする理由は様々ありますが、なかには、浪費などの理由によって、本来する必要のない借金を何度も繰り返してしまう方もいます。  そのような場合、借金の原因によっては、カウンセリングなどによって根本的な問題に向き合っていくことも重要です

借金問題について弁護士に相談するべきタイミング

調布市で借金問題にお悩みの方へ 1 返済が苦しいと感じたら相談を  クレジットカードを利用してショッピングをしたり、その支払いについてリボ払いを利用したり、時には生活費の不足をキャッシングしたりということは、現代社会では決してめずらしいことではありません。  しかし、リボ払いやキャッシングは、手数料や利息がかかり、その金額も決して安いものではありません。そのため、気が付いたら、元

「今の苦しみから少しでも早く逃れたい」「どうしていいかわからない」
「家族にも相談しにくい」とお悩みのかたへ

安心の相談体制

初回
無料相談

経験豊富な
弁護士が対応

プライバシーに
配慮した相談室

電話番号:03-5656-6380

電話受付 9 :30〜17:30/土日祝除く